こしあんの作り方

こしあん作りは決して難しくありません。

豆を柔らかくなるまで炊き、丁寧に裏漉しすると、美味しいこしあんが出来上がります。ぜひお試しください。

こしあんの材料と道具

材料:あんの出来上がり400g

・小豆 :200g
・上白糖:200g
・水  :適量
・重曹 :1.5g

小豆についてはこちらもご参考に

【材料の基本】覚えておきたい!小豆の基礎知識

道具

・ぼうず鍋
・ザル(シングルストレーナー)
・裏漉し器(メッシュ65)
・ボウル
・さらし布または手ぬぐい
・ゴムベラ

※こしあん作りに必要な道具はこちらをご参考に

こしあん作りに必要な道具6つ

こしあんの作り方

1. 小豆の吸水と渋切り

小豆を軽く洗い、鍋に豆とかぶる量の水を入れます。

火にかけ(火加減は中火~強火)、沸騰したら5分ほど沸騰を続けます

あんこラボ
あんこラボ

小豆は前もって水に漬けておかなくて大丈夫です

5分後、冷水をたっぷり入れ、湯温を60℃以下に下げます(→びっくり水
※加える水の量は鍋のサイズで異なります。ポイントは、温度を60℃以下に下げる量の水を入れることです

そして、湯の温度を確認します
※温度計でまたは指を入れ確認します(火傷しないようにご注意ください)

温度が下がったら、湯を取り出します(入れた水の量よりもやや少ない量で)

再び沸騰させます。また沸騰したら5分間沸騰を続け、冷水を投入し湯温を60℃以下に下げ、湯を取り出します。同じことをもう1回行います。

その間(30分程度)に豆は水を吸い、シワが寄り、次第に膨れ、最後にはシワが伸びて、吸水完了となります

豆にシワがある状態

豆が吸水し、シワが伸びた状態
あんこラボ
あんこラボ

小豆が吸水したかどうかは、シワをチェックするのが一番わかりやすいですよ

小豆が吸水したら火を止め、小豆をザルにゆでこぼします(これが渋切りです)。そして小豆と鍋を軽く洗っておきます

渋切りについては、こちらをご参考に

あんの渋切りとは

2. 小豆をゆでる(約30分)

鍋に小豆とたっぷり量の湯を入れ、中火~強火にかけます。途中で重曹を入れ、沸騰したら火をやや弱め、小豆が柔らかくなるまで30分ほどゆでます

途中で、豆が湯から出ないように、適量の湯を加えてください

豆が柔らかくなったら、火を止めます

3. 裏漉し

<裏漉し1回目>

ボウルにザルをのせ、ゆでた小豆を入れます。
お玉の裏で、豆を潰すように皮の部分を裏漉します

適宜水を加え、裏漉します。ザルに残った豆の皮は使いません。

<裏漉し2回目>

メッシュの細かい裏漉し器を使います。ボウルに漉し器をのせ、1回目に漉したものを流し入れます。

ゴムベラを使い、漉します

途中で水を加え、裏漉しを続けます

<水にさらす>

ボウルに水を注ぎ入れ、あんを沈殿させます。
あんが沈殿したら、上澄み液を捨てます。同じことをもう2回行います。

<あんの水を絞る>

ボウルにさらし布を置き、水にさらしたあんの1/2量を流し入れます

水を絞ります。出来るだけ絞り出してください。

搾り終わったら、別のボウルにあけます。
残りのあんも同じように水を絞ります

水を絞って出来上がったのが、生あんです

4. 砂糖を加え、練る

鍋に砂糖全量を入れ、生餡を3回に分けて加え、練り上げていきます。

生あんの1/3量を加え、火にかける前によく混ぜ合わせます。

中火にかけ、ヘラで混ぜながら砂糖を溶かします

砂糖が溶け沸騰したら、残りの生あんの1/2量を加えます。
よく混ぜ合わせ、再び沸騰したら、残りの生あんを加えます。

途中で水(適量)を加え、ヘラであんを練りあげていきます

ぽってりとした状態になったら、完成です。
火を止めて、バット等に小分けにしておきます

保管・日持ち

あんは冷蔵庫または冷凍庫で保管してください。

冷蔵保存の場合は5日以内に、冷凍保存の場合は1ヶ月以内にお召し上がりください

こしあんレシピの動画

【ご参考】こしあんに合う和菓子のレシピ

こしあんを使った和菓子レシピ一覧
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。