基本のこしあんの作り方/レシピ

基本のこしあんの作り方をマスターしてみませんか?こしあん作りは決して難しくありません。豆を柔らかくなるまで炊き、丁寧に裏漉しをすれば、美味しいこしあんが出来上がります。ぜひお試しください。

こしあん基本のあん

こしあんの材料

あんの出来上がり:400g

・小豆 :200g
・上白糖:200g
・水  :適量
・重曹 :1.5g

こしあん作りに必要な道具をご紹介しています

【和菓子道具】こしあん作りにあると便利な7つの道具

こしあんのレシピ

1)小豆の吸水(約40分

小豆を軽く洗い、鍋に豆とかぶる量の水を入れます。

火加減は中火~強火で、沸騰させます。沸騰後は5分間沸騰を続けてください。

5分後に冷水を入れ、湯温を60℃以下に下げます(ビックリ水と言います)

そして、湯の温度を確認します
※温度計でまたは指を入れ確認します(火傷しないようにご注意ください)

 

湯の温度が下がったら、湯を取り出します(入れた水の量よりもやや少ない量で)

再び沸騰させます。沸騰後、3分間沸騰を続けてください。

3分後に冷水を投入し、湯温を60℃以下に下げ、湯を取り出します。

「沸騰させる」⇒「3分間沸騰」⇒「冷水投入」⇒「お湯を取り出す」を合計3~4回行います。

その間に、豆は吸水し、シワが寄り、だんだんと膨れ、最後にはシワが無くなります。
豆が充分に膨らんだら、火を止めます。

ザルに小豆をゆでこぼし、軽く洗います。

2)小豆をゆでる(約30分)

鍋に小豆と湯を入れ、中火~強火にかけます。沸騰したら重曹を入れ、火を弱めます。

豆が柔らかくなるまで、ゆでます。途中、豆が湯から出ないよう、適量の湯を加えてください。

豆が柔らかくなったら、火を止めます。

3)裏漉し

<裏漉し1回目>

ボウルにザルをのせ、ゆでた小豆を入れます。
お玉の裏で、豆を潰すように皮の部分を裏漉します。

適宜水を加え、裏漉します。ザルに残った豆の皮は使いません。

<裏漉し2回目>

メッシュの細かい裏漉し器を使います。ボウルに漉し器をのせ、1回目に漉したものを流し入れます。

ゴムベラを使い、漉します

途中で水を加え、裏漉しを続けます

<水にさらす>

ボウルに水を注ぎ入れ、あんを沈殿させます。
あんが沈殿したら、上澄み液を捨てます。同じことをもう2回行います。

<あんの水を絞る>

ボウルにさらし布を置き、水にさらしたあんの1/2量を流し入れます

水を絞ります。出来るだけ絞り出してください。

搾り終わったら、別のボウルにあけます。
残りのあんも同じように水を絞ります

水を絞って出来上がったのが、生あんです

4)砂糖を加えて、練る

鍋に砂糖全量を入れ、生餡を3回に分けて加え、練り上げていきます。

生あんの1/3量を加え、火にかける前によく混ぜ合わせます。

中火にかけ、ヘラで混ぜながら砂糖を溶かします

砂糖が溶け沸騰したら、残りの生あんの1/2量を加えます。
よく混ぜ合わせ、再び沸騰したら、残りの生あんを加えます。

途中で水(適量)を加え、ヘラであんを練りあげていきます

ぽってりとした状態になったら、完成です。
火を止めて、バット等に小分けにしておきます

【あんの保管方法】

粗熱が取れたら、小分けにして冷蔵庫または冷凍庫で保管してください。冷蔵保存の場合はなるべく早めに(4~5日以内)、冷凍保存は1ヶ月以内ににお召し上がりください。

 

こしあんを使った和菓子のレシピ

黒糖まんじゅうのレシピ/作り方 薯蕷まんじゅうのレシピ/作り方 水ようかん水ようかんの基本の作り方/レシピ あん入りわらび餅のレシピ/作り方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です