桜あんの作り方

薄ピンク色に、ほんのり塩気が効いた桜あん

桜餡をおいしく作るポイントは、花や葉の塩漬けの塩抜きをきちんと行うこと。そして花を使用する場合は、額を丁寧に取り除くことです。

桜あんが出来たら、お団子に、あるいは大福のあんに、どら焼きに。甘塩っぱい桜あんは、どんな和菓子とも相性抜群。ぜひお試しください。

桜あんの材料と道具

桜あんの材料

・桜の花の塩漬け:10g(塩抜き前の額のついた状態)
・白あん:100g(あんはお好きな量でどうぞ)
・紅色素:微量

白あんの作り方はこちらをご参考に

白あんの作り方

桜あんの道具

・ボウル
・ザル
・ヘラ

桜あんの作り方

1. 花の額を取り除きます

ボウルに桜の花の塩漬けを10g入れます

花の塩を軽くふるい落とします。額、めしべやおしべ、固い部分や茶色い部分などを取り除き、花びらだけの状態にします。なるべくきれいに取り除くと、あんの色がきれいに仕上がります

2. 花びらの塩抜きをする

ボウルにザルをのせ、水を入れたら、水の中で花びらを洗います(→塩抜き)

あんこラボ
あんこラボ

花の塩漬けは結構しょっぱいので、しっかり洗って塩抜きしておきます

花びらの水気をキッチンペーパーでふき取ります、みじん切りにします

3. 花びらをみじん切りにする

包丁で花びらを細かくみじん切りにします

4. 白あんと花びらを混ぜる

ボウルに白あんと花びらのみじん切りを入れ、混ぜ合わせます。

さらに紅色素を微量の水で溶き、あんに微量を加え、混ぜ、ピンク色に染めます。

あんこラボ
あんこラボ

紅色素はほんの少量で濃ピンク色になるので、入れすぎないように!

まんべんなく混ざったら、完成です

日持ち・保管

桜あんは冷蔵保管で、翌日までに食べてくださいね

桜あんのレシピ動画

桜あんを使ったおすすめレシピ

桜あん豆乳アイスクリームの作り方 もっちりどらやきの作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。