和菓子の動画レッスン

大福の作り方

和菓子の代名詞「大福」。今や世界でも”mochi” の名で、愛される存在に。大福はお家でも手軽に作ることができます。しかも出来立てが一番美味しい。ぜひお試しください。

大福の材料と道具

材料:4個分

<生地>
・白玉粉:60g
・水:70g(粉の1.1~1.2倍)
・上白糖:10g
・片栗粉:適量

<中あん>
・あん:100g(25g×4個)

美味しく作るポイント

1. いい白玉粉を選ぶ

材料がシンプルな分、素材の良さが影響します。白玉粉はいいもの(上や特上)をお使いください。美味しいお米で炊いたご飯が美味しいように、白玉粉も美味しいものを選ぶのがポイントです。おすすめは、富澤商店の特上白玉粉。教室でもこちらを使っています。
特上白玉粉/富澤商店

 

2. もちは蒸し器で蒸す

もちの加熱は電子レンジでも可能ですが、おすすめは蒸し器。もち米を蒸してもちを作るように、大福も蒸して作る方が断然美味しいです。

おすすめの蒸し器はこちらをご参考に。

和菓子作りにおすすめの角型の蒸し器(金属製)

道具

・ボウル
・木べら
・蒸し器
・型やトレイ(ステンレスまたはアルミ製、玉子豆腐器など)
・てぬぐい

大福の作り方

生地を作る

①ボウルに白玉粉と水を入れ、ヘラで混ぜます。
※白玉粉により、水の吸い方が異なります。初めて使用する白玉粉の場合は、水を少しずつ入れ、加減します

②続いて砂糖を加え、ヘラで混ぜ合わせます

③玉子豆腐器などの型に、水で濡らした手ぬぐいを入れ、その中に生地を流し入れます
※手ぬぐいが濡れていないと、蒸した後に生地を上手く取り出せません
※金属製の型がない場合は、ボウルで代用も可能ですが、蒸し時間がやや長くなります

蒸す(約10分)

①蒸し器を沸騰させます

②型ごと蒸し器に入れ、強火で10分蒸します

蒸し器の使い方は、こちらもご参考に
蒸し器(金属製)の基本の使い方

③蒸している間に、あんを丸め、バットに片栗粉(適量)を置きます

もちをこねる

①蒸し上がったもちをボウルに入れ、木べらでこねます。力を入れて、しっかりとこねてください。
※こねが足りないとコシの弱いもちが出来上がります

②もちに伸びが出てきたら、バットの片栗粉の上にもちをのせます

あんを包む

①もち全体に片栗粉をまぶします。ハケを使い、余分な片栗粉を払い落します

②もちを4等分にします。親指と人差し指の間を使い、もちを切り分けるときれいに分けられます

③手のひらにもちをのせ、その上にあんをのせます。あんを包み、とじ目を閉じます

④閉じ目を下に置き、ハケで余分な片栗粉を払い落とし、完成です。

大福が上手く包めない!という方はこちらもご参考に

【お悩みQA】大福の生地が柔らかく、あんを上手く包めない問題
https://ankolabo.com/qa-daihuku

 


スポンサーリンク

3 COMMENTS

あゆみ

とても手軽に出来そうなので是非作ってみたいと思います!
質問させてください。もちろん出来たてが美味しいとは思いますが、この生地だと柔らかさはどのくらい持続しますか?
返信宜しくお願い致します🙇

返信する
あんこラボ

大福は作った翌日まで持続します。よろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です