大福の作り方

大福は今や世界でも”mochi” の名で、愛される存在になりました。

大福の作り方は電子レンジを使う方法もありますが、おすすめは蒸し器で蒸す!もち米を蒸してもちを作るように、大福も蒸して作る方が断然美味しいです。

ぜひお試しください

大福の材料と道具

材料:4個分

・白玉粉:60g
・水:70g(粉の1.1~1.2倍)
・上白糖:10g
・片栗粉:大さじ1~2程度
・あん:100g(25g×4個)

白玉粉は美味しいものがおすすめ

大福は材料がシンプルな分、素材の良さが美味しさの決め手。美味しいお米で炊いたご飯が美味しいように、白玉粉も上や特上タイプを使うと美味しい大福ができます。おすすめは、富澤商店の特上白玉粉。教室でもこちらを使っています。

特上白玉粉/富澤商店

道具

・ボウル
・木べら
蒸し器
玉子豆腐器(小)
※なければ、ステンレスやアルミ製のお菓子の型(100均のケーキ型でもOK)やバットで代用できます
・手ぬぐい又はさらし布

大福の作り方

1. 生地を作る

ボウルに白玉粉と水を入れ、ヘラで混ぜ、砂糖も加え、全体をよく混ぜます。混ざったら、玉子豆腐器に濡らした手ぬぐいをのせ、そこへ生地を流し入れます

あんこラボ
あんこラボ

手ぬぐいは濡らしておくのがポイント。蒸した後、もちが簡単に取れます

2. 蒸す

蒸し器を沸騰させます。沸騰したら蒸し器に入れ、強火で10分蒸します

蒸し器の使い方は、こちらをご参考に

蒸し器の使い方(ステンレス製蒸し器)

蒸している間に、あんを丸め、バットに片栗粉大さじ1~2を置きます

3. もちをこねる

もちをボウルに入れ、木べらでこねます。もちに伸びが出るまで、ヘラでしっかりとこねてください

あんこラボ
あんこラボ

もちはこねるほど、美味しくなります。こね方のコツはもちを引き&押し伸ばすように。力が要りますが、頑張って!

下の写真のような伸びが出ればOKです

バットの片栗粉の上にもちをのせ、全体に片栗粉をまぶします

4. あんを包む

もちを4等分にして、丸めます

手のひらにもちをのせ、丸く広げ、あんをのせます。あんを包み、生地と生地をつまんで閉じ、丸く形を整えます。

最後にハケで余分な片栗粉を払い落とし、完成です。

あんこラボ
あんこラボ

大福はすぐに固くなってしまうので、お早めに(遅くとも翌日まで)食べてくださいね。

【ご参考】大福が上手く包めない方は、こちらを参考に

【お悩みQA】大福の生地が柔らかく、あんを上手く包めない問題
https://ankolabo.com/qa-daihuku

もちのこね方などは動画もご参考に

大福の作り方、補足

・大福はなるべく作った当日にお召し上がりください

・翌日、大福がやや固くなってしまったら、電子レンジで数秒温めると柔らかく食べられます

・大福は冷凍できます

・白玉粉に水を入れる際、レシピでは一度に入れていますが、初めて使う白玉粉の場合は少しずつ入れてください。白玉粉によって水の吸い方がやや異なります。一度に入れると、とっても柔らかくなってしまうものもあります

・白玉粉の代わりにもち粉を使っても大福はできます。上新粉は使えません

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。