和せいろの使い方

 

せいろと言えば、中華せいろがおなじみ。和食や和菓子なら、和せいろもおすすめですよ。

和せいろの特徴は、その高さ。中華せいろに比べて、高さがあるので、茶碗蒸しや野菜の丸ごと蒸し、あるいはもち米をたくさん蒸す際などに使いやすいです。

和せいろを使ってみたいけれど購入を迷っている方や、初めてせいろを使う方に向けて、和せいろの使い方をご紹介します。

使い方は基本的に中華せいろと同じです。ちなみに、私が使用している和せいろのサイズは27cmタイプです

和せいろの使い方

和せいろの構造

せいろは3部構成。湯を沸かす「鍋」、蒸すものを入れる「せいろ」、そして「蓋」です。

・鍋
せいろが安定して置けるように、鍋はせいろよりも少し大きいサイズになります。

・せいろ
せいろは高さがあり、通常は一段で使用します。中華せいろのように何段も重ねて使用することはありません(業務用を除く)。せいろの底にはすのこを置き、その上に蒸すものをのせます。すのこは着脱式なので、取り外して洗うことができます

・蓋
和せいろの蓋はずっしりとした重さが特徴。重い蓋をのせることで、蒸気が漏れにくく、かなりの蒸気パワーで蒸すことができます。

和せいろを初めて使う際には

せいろの蓋をあらかじめ1時間ほど水に入れ、水を吸わせておきます。乾燥した状態で蓋を使用すると、ひび割れることも。

また、長期間使用しなかった場合も、蓋を水に漬けてから使うといいそうです。

    

和せいろの使い方

1. 鍋に湯を沸かす

鍋に水を入れます。水の量は、鍋の7~8割ほどの高さまで。火にかけ、沸騰させます

2. せいろを置く

鍋にせいろを置き、すのこの上に蒸すものをのせます。

もち米を蒸す場合は、せいろの中に蒸し布や手ぬぐいを置き、米を入れます

   

3. 蒸す

蓋を置き、蒸します。せいろの蓋にはつゆ取り用の布をかける必要はありません。木が適度に水分を吸い、水滴が落ちることはありません。

蒸しあがったら蓋を取ります。蒸気は大変熱いので、蒸気で火傷しないようにご注意ください。

 

4. せいろのお手入れ

使い終わったら、湯で洗い流します。洗剤は基本的に使ってはいけないそうで、なるべく湯で汚れも洗い落しましょう。

洗った後は、完全に乾くまで、風通しのよいところに置きます。乾きが甘いと、カビが生えることもあるので、要注意です。

保管も、なるべく湿度のない涼しいところに置いておきます。

 

和せいろの使い方、動画でも見られます

 

和せいろを持ったら、まずはおはぎ作りがおすすめ

おはぎの作り方(蒸し器を使う、もち米のおはぎ)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です