もち米で作る、基本のおはぎの作り方/レシピ

春分の日や秋分の日に向けて、手作りおはぎに挑戦してみませんか?もち米を蒸して作るおはぎの美味しいこと。。。作り方はシンプル、難しいことはありません。

<もち米の品種>

もち米にはいくつか品種があります。

品種によって、もちにオススメのもの、あるいは赤飯やおこわ向きなどあります。

 

おはぎは、どのもち米でも美味しくできます。ちなみに私はこがねもちを使用しています。

 

◎こがねもち
もちのコシが強く、風味や伸びが良い品種。舌触り滑らかで、もちに最適です。主な栽培エリアは新潟県や宮城県など

 

◎ヒヨクモチ
佐賀県が名産。きめが細かく、粘りがあり、赤飯やおこわなどに向いています

 

◎ヒメノモチ
米自体がとても白いそう。味はあっさりしており、赤飯やおこわに向いています

 

◎はくちょうもち
北海道で栽培。炊飯器で簡単に炊けるとのこと。もち、おはぎ、赤飯との相性がいいそう

おはぎの作り方

おはぎの材料(6個分)

・もち米:80g
・熱湯 :40g(もち米の50%)
・あん:140g(つぶでもこしあんでもOK)
・きなこ:適量
・黒ごま:適量

おはぎの作り方

1. もち米の浸水

米を優しく洗います。たっぷりの水に浸け、2時間~半日浸水させます

2. もち米を蒸す

米をザルにあけ、水気を切ります

沸騰した蒸し器にもち米を入れ、中火~強火で蒸します

3. 湯に浸す(5~10分)

ボウルに蒸したもち米を入れ、熱湯を加えて、落としラップをします  

 

4. 再び蒸す(10分)

沸騰した蒸し器に入れ、中火~強火で蒸します  

5. 搗く

ボウルに蒸したもち米を入れ、すりこぎ等を使い、軽く粘りが出るまで搗きます

6. あんともちを丸める

それぞれ6個に分け、丸めておきます

7. あんで包み、あるいはあんを包み、ごま・きなこをまぶす

おはぎの作り方を動画でも見られます!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です