【もち米レシピ】手作りおはぎでお彼岸を迎えよう!

最近はおはぎ専門店が増えましたね。タケノとおはぎさんや森のおはぎさんなど、大人気。

おしゃれで可愛く、新しい素材と組み合わせるなど、発想が斬新。もはや新しいおはぎ文化が形成されつつあります。嬉しいですね。お菓子も進化しなければ、、、

とは言え、昔ながらのおはぎも美味しいもの。特におばあちゃんが作ってくれた「おはぎ」には、特別な思い出のある方も。おばあちゃんが愛情をこめて作った大きなおはぎは、いつになっても美味しい記憶に残っているのですね。

今回ご紹介するレシピは比較的小ぶりサイズ。あん、きなこ、ごまの3食を作ります。手作りもとても美味しいですよ

おはぎの材料

6個分

  • もち米:80g
  • 熱湯 :40g(もち米の50%)
  • あん:140g(つぶでもこしあんでもOK)
  • きなこ:適量
  • 黒すりごま:適量
もち米選び

もち米にはいくつか品種があり、品種により「もち向き」「おこわ向き」などがあります。もち米の品種をご紹介します。

  • こがねもち
    もちのコシが強く、風味や伸びが良い品種。舌触り滑らかで、もちに最適です。主な栽培エリアは新潟県や宮城県など
  • ヒヨクモチ
    佐賀県名産のもち米。きめが細かく、粘りがあり、赤飯やおこわなどに向いています
  • ヒメノモチ
    米自体がとても白いそう。味はあっさりしており、赤飯やおこわに向いています
  • はくちょうもち
    北海道で栽培。炊飯器で簡単に炊けるとのこと。もち、おはぎ、赤飯との相性がいいそう

おはぎは、どの品種のもち米でも美味しくできますので、お好みのものをお使いください。ちなみに私は「こがねもち」を使用しています。

    

おはぎの作り方

もち米を浸水させる(2時間~半日)

1. もち米をボウルに入れ、洗います。もち米は割れやすいので、なるべく優しく洗います。

2.米をボウルに入れ、たっぷりの水を注ぎ、そのまま浸水させます。浸水時間は2時間~半日ほどです。

もち米を蒸す(1回目:20~25分)

3. もち米をザルにあけ、5分ほどそのまま置き、水気を切ります

4. あらかじめ蒸し器を沸騰させておきます。沸騰した蒸し器にてぬぐいやさらし布、あるいはクッキングシートを置き、その上にもち米をのせます。

蓋には露取りの布をかけ、蓋をして蒸します。火加減は中火~強火、蒸し時間は20~25分です。

湯に浸す(5~10分)

5. ボウルに蒸したもち米を入れ、熱湯を加えます。

    

6. 落としラップをして、5~10分ほど置きます

もち米を蒸す(2回目:10分)

7. 再び沸騰した蒸し器に入れ、火加減は中火~強火で蒸します。蒸し時間は10分です。  

もちをつく

8. もち米が蒸し上がったら、ボウルに入れます。すりこぎ等を使い、軽く粘りが出るまでついてください。

※柔らかい食感がお好きな方はしっかりとつき、米の粒を残したい方は軽くつきます

あんで包む/あんを包む

9. もちとあんをそれぞれ6個に分け、丸め、包みます
あんで包むものは、もちをやや小さ目に、あんを中に包むものは、あんをやや小さ目にしておきます


※もちとあんが同じサイズでは、包むのがやや大変なため、サイズに大小をつけておきます

 

10. 最後に、中にあんを包んだものは、周りに黒ごまときなこをまぶし完成です

おはぎの作り方を動画でも見られます!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です