おはぎのレシピ/作り方

もち米を蒸して作る、昔ながらのおはぎの作り方をご紹介します。米が蒸し上がったら、あんこで包んで、あるいはあんこを包んで、ごまやきなこをかけておはぎを作ります。

調理時間:60分(米の浸水時間を除く)

おはぎの材料:

4個分(つぶあん:1個、きなこ・ごま:3個)

もち米:80g
熱湯 :40g(もち米の50%)
つぶあん:35g×1個(あんが外側)

25g×3個(あんが内側)
きなこ:適量

黒ごま:適量

おはぎのレシピ/作り方

1. もち米の浸水(2時間~1日)

米を優しく洗います。たっぷりの水に浸け、2時間~1日浸水させます

2. 蒸す(20~30分)

浸水が終わったらザルにあけ、水気を切ります

沸騰した蒸し器にもち米を入れ、中火~強火で蒸します

3. 湯に浸す(10分)

ボウルに蒸したもち米を入れ、熱湯を加えて、落としラップをします  

10分後、もち米が湯を吸水したことを確認します

 

4. 再び蒸す(10分)

沸騰した蒸し器に入れ、中火~強火で蒸します  

5. 搗く

ボウルに蒸したもち米を入れ、すりこぎ等を使い、軽く粘りが出るまで搗きます

 

6. 計量する

蒸したもち米を計量し、1個分は25gに、残りを3個に分割。そして丸めます

7. 包あん/黒ごま、きなこをまぶす

1個分はあんで包み、残り3個は中にあんを包みます。

各バットにきなこと黒ごまを敷き、上におはぎをのせて、周りにまぶします


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です