ペロリと食べられます!粟ぜんざいの作り方

甘味処の冬メニューの定番、粟ぜんざいです。粟もちに温かいこしかつぶあんを添えていただきます。

粟でもきびでもどちらでも出来ます。作り方も簡単なので、ぜひぜひご自宅でもお試しください。

ぜんざい 冬の和菓子

粟ぜんざいの材料と作り方

粟ぜんざいの材料:1人分

・もち粟/もちきび:30g

・湯  :45cc(粟の1.5倍)

・水

・つぶあん/こしあん:50~100g(お好みの量で)

◆あわ・きびの種類について◆

あわときびには「もち性」と「うるち性」があります。和菓子には「もち性」をお使いください。もちあわ・もちきびの名前で販売されています。


左があわ、右がきび

1. 粟/きびを洗う

目の細かい裏漉し網を使い、粟/きびをよく洗います。濁りが取れるまで、6~7回水をかけて洗います

(ボウルを使い、中に裏漉し網を入れて洗うと、洗いやすいです)

2. 粟/きびをふやかす

鍋に粟/きびと湯を入れます。

 

弱~中火で、粟/きびがぽってりとした状態になるまで加熱します

3. 蒸す(20分)

沸騰した蒸し器に入れ、中~強火で蒸します

4. 蒸らし(10分)

火を止めて蓋をしたまま、蒸らします(10分)

 

5. つく(粒を残したい場合は省く)

ボウルに蒸した粟/きびを入れ、すりこぎで軽くつきます
※粒々を残したい場合は、搗かなくてもOKです)

6. あんを温め、盛り付ける

お椀に粟/きびを入れ、温めたあんをかけて完成です

寒い冬にオススメ!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です