粒々がおいしい!「粟ぜんざい」の作り方

東京の粟ぜんざいの名店と言えば、梅園さん。毎冬に1回は食べに行っています。冬の定番甘味。粒々食感の粟(梅園さんはきび)に、ねっとりこしあんがかかって、とても美味しいですね。

お家でも粟ぜんざいを作れます。自家製なら手軽なつぶあんで。粟を蒸して粟もちを作り、つぶあんをかけて、温かいうちにお召し上がりください。

粟ぜんざいの材料と道具

材料:1人分

<粟もち>
・もち粟(またはもちきび):30g
・湯:45cc(粟の1.5倍)

<ぜんざい>
・つぶあん:80~100g
・湯:50~80g

粟ときびの種類

粟ときびには「もち性」と「うるち性」があります。和菓子には「もち粟」または「もちきび」をお使いください。


左があわ、右がきび

道具

・裏ごし網
・ボウル
・ヘラ
・鍋
・蒸し器

粟ぜんざいの作り方

1. 粟をふやかす

粟を洗います。目の細かい裏漉し網に粟を入れ、濁りが取れるまで、6~7回水を変えて洗います(ボウルの中に裏漉し網を入れて洗うと、洗いやすいです)

粟をふやかします。鍋に粟と湯を入れ、弱~中火で粟に湯を吸わせます

2. 粟を蒸し(20分)、蒸らす(10分)

蒸し器を沸騰させ、ふやかした粟を入れ、中~強火で20分間蒸します

20分後、火を止め、蓋をしたまま10分間蒸らしま

 

3. 蒸した粟をつく(粒々感を残したい場合は省きます)

ボウルに蒸した粟を入れ、すりこぎで軽くつきます

4. ぜんざいを温める

鍋につぶあんと湯を入れ、温めます

5. 盛り付け

お椀に粟もちを入れ、温めたあんをかけて、完成です

粟もち・粟ぜんざいの名店はこちら

粟もち・粟ぜんざいの名店(京都・東京)をご紹介します
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です