もち米を炊飯器で炊く、おはぎの作り方

お彼岸に、おはぎを手作りしてみませんか。

おはぎの作り方のいろいろありますが、もち米だけ(うるち米を入れない)のおはぎがやっぱり美味しいですね。

もち米も以前は蒸し器で加熱しましたが、最近はすっかり炊飯器派。手軽だし、むしろ蒸し器より炊飯器の方が美味しいとさえ思うようになりました。こう思うようになったのは、北海道産のもち米を使い始めてからなのです。

美味しく作るコツはもち米選びにあり。ぜひお試しください

おはぎの材料と道具

材料:小さめサイズ6個分(つぶ2個、きなこ2個、ごま2個)

・もち米:80g(0.5合より少し多め)→炊きあがり量は160gです
・砂糖 :5g程度
・水  :88~90g(米の約1.1倍)

・つぶあん:140g程度

つぶあんの作り方はこちらをご参考に

つぶあんの作り方

<トッピング>
・きなこ:適量
・すり黒ごま:適量

もち米もいくつか品種があり、品種によって味や仕上がりが変わります。一番入手しやすいのが、佐賀県産の「ひよくもち」や新潟県産の「こがねもち」。最近の人気は北海道産の「はくちょうもち」や「きたゆきもち」です。

おすすめは北海道の「はくちょうもち」。炊飯器で炊いても、美味しく炊きあがるという品種だそうです。はくちょうもちを使ってからは、本当に美味しくて、炊飯器で炊く時はいつもはくちょうもちを使っています

道具

・ボウル
・しゃもじ
・炊飯器
・ザル

・手水

炊飯器でもち米を炊く、おはぎの作り方

1. もち米を研ぐ

もち米を計量し、ボウルに入れ、水で優しく研ぎます
※もち米はうるち米に比べて割れやすいので、優しく洗うといいですよ

もち米を研いだら、ザルにあけ、水切りします

炊飯器の釜にもち米、砂糖、水を入れます。そのまま10分ほど置き、米を吸水させます

2. 炊飯する

炊飯します

3. 米をほぐす

米が炊きあがったら、ボウルに入れます。しゃもじで軽くほぐしてください

4. あんを包む

手水を用意します

あんともち米をそれぞれ6つに分け、丸めておきます。米は手水を使いながら、丸めてください

◎つぶ(2個)用には、つぶあん30gを2個、もち米20gを2個用意します
◎きなこ・ごま(各2個)用には、つぶあん20gを4個、もち米30gを4個用意します

あんこラボ
あんこラボ

あんともち米の量をお間違いなく。あんで包むおはぎは、あんが多め、もち米が少なめ。ごはんで包むおはぎは、あんが少なめ、もち米が多めになります

きなことすりごまを、適当な量でボウルに入れておきます

あんでもちを包みます。

もち米であんを包みます。包み終わったら、きなこと黒ゴマをまぶし完成です

 

おはぎの作り方、補足

・おはぎはなるべく当日中にお召し上がりください

・もち米に砂糖を少量入れて炊飯すると、翌日まで柔らかく食べることができます

・黒ゴマやきなこ以外に、青のりをまぶしても美味しいですよ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。