ちんすこうの作り方

沖縄の焼き菓子、ちんすこうのレシピです。

ちんすこう大好き!サクサク・ホロホロ食感が美味しいですよね。スペイン菓子のポルポロンにも似た感じ。

ちんすこうのサクサク食感はラードのおかげ。だから、ちんすこうを作る時は別の油脂に置き換えず、ラードをぜひ使ってください。

ちなみに、ちんすこうの別名は「金楚糕(きんそこう)」。楚や糕という漢字から、中華の影響を受けたお菓子であることが分かります。糕はケーキのこと。マーラーカオも漢字は馬拉糕です。ポルポロンにも食感が似ているから、多少は南蛮や大陸貿易の影響も受けていたのかもしれません(あくまでも私見)。

お菓子を作ると、歴史や文化とのつながりが垣間見えて、面白いのですよ。

ちんすこうの作り方は簡単。ぜひ作ってみてください

ちんすこうの材料と道具

材料:5個分

<生地>
・ラード:20g
・粉糖:30g
(粉糖が無ければ、お好きな砂糖でOKです)
・薄力粉:40g

あんこラボ
あんこラボ

粉糖を使うと、仕上がりが軽くさっくりとします

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・スケッパー
・粉ふるい
・オーブン
・クッキングシート

ちんすこうの作り方

1. 生地を作る

ボウルにラードを入れ、ヘラで滑らかになるよう混ぜます

粉糖を加えて、すり混ぜます。砂糖とラードがしっかりとなじむまで混ぜてください

ボウルにラップをかけ、冷蔵庫に入れ30分ほど置き、ラードを固めます

あんこラボ
あんこラボ

冷蔵庫に30分も入れておけば、ラードが固くなります

冷蔵庫から出し、薄力粉をふるい入れます

スケッパーを使い、サクサクと切るように混ぜ、生地をそぼろ状にします

あんこラボ
あんこラボ

ラードが溶けないように、混ぜの最初はスケッパーで切り混ぜるといいですよ

ある程度そぼろが出来たら、スケッパーを外し、手でもみ混ぜてください

あんこラボ
あんこラボ

最後は手でもみ混ぜてください。スケッパーだけの混ぜでは生地がもろいので、成形が難しくなります

2. 形を作る

生地を5等分し、手で細長い楕円形を作ります

指に力を入れて、生地をぎゅっと固めます。固めた後にもう一度形を整えます
(固まりが弱いと、生地がもろく壊れやすいので、やや強めに固めてください)

オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上にちんすこうを並べて置きます

3. オーブンで焼く(150℃/22~25分)

オーブンを予熱します

オーブンに入れ、150℃で22~25分焼きます

焼きあがりました。表面にややひび割れが入っていい感じ。冷めたら、保存容器に入れて保管してください

ちんすこうの作り方、補足

・ラードは純正ラードがおすすめ。スーパーで購入できます

・ちんすこうの賞味期限は作ってから3~4日。タッパーなどに入れて、保管してくださいね

・琉球菓子については、いつもこちらの本を参考にしています。お菓子についてとても詳しく載っており、勉強になります。ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。