亥の子餅の作り方

11月(亥の月)の亥の日、亥の刻にいただく「亥の子餅」

形はウリ坊(イノシシの子供)に似せたもち菓子です。亥の日に亥の子餅を食べると無病息災で過ごせるとされ、昔から亥の子餅を食べる習慣がありました

また、茶道の炉開きにいただくお菓子としてもおなじみです

各年の亥の日に合わせ、亥の子餅を手作りして、無病息災を願いませんか。もちは求肥で作ります

亥の子餅の材料と道具

材料:4個分

・白玉粉:40g
・水:72g
・上白糖:40g
・さらしあん:5g
・片栗粉(手粉):適量
・あん(つぶまたはこし):80g

あんこラボ
あんこラボ

さらしあんを使って、生地を着色します。シナモンパウダーなどでも代用できます

道具

・鍋(ぼうず鍋がオススメです。焦げにくく、練りやすいです)
・ボウル
・木べら
・バット
・スケッパー
・ハケ
・金串

亥の子餅の作り方

1. 生地を作る

ボウルに白玉粉と水を入れ、ゴムベラで混ぜます。続いてさらしあんを入れ、混ぜ合わせます

2. 求肥を練る(鍋練り)

求肥の練り方はいろいろとありますが、「鍋練り」を行います。鍋練りのポイントは、しっかりと力を入れて練ること。練りが足りないと、柔らかい求肥になり、餡を包むのが難しくなります

バットに多めの片栗粉を敷いておきます

鍋に生地を入れ、木べらで練ります。火加減は弱~中火です

途中で砂糖を2回に分けて加えます。白玉がもち状になってから砂糖を入れ、よく練り混ぜます

滑らかな状態になったら、火を止めます

バットの片栗粉の上に求肥をのせ、2つ折りにします。やや冷めるまでそのまま置きます

3. あんを包む

あんを4個分丸めます

求肥全体に片栗粉をまぶし、スケッパーで4等分します

求肥であんを包みます。求肥は柔らかく、手に付きやすいので、片栗粉をもちと手にしっかりとつけてから包んでください

あんを包み、形を楕円形に整えます。

4. 仕上げ

金串をガス火で温めます。金串が温まったら、もちの上部に焼き線を入れ、イノシシ模様を付けます

完成です

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。