白あんの和菓子を作るなら「カステラ饅頭」がオススメ

カステラ?饅頭?どっち?と迷わせる名前ですが。名前の由来は、カステラと同じような材料で、形はまんじゅうだからとか。オーブンで焼いて作ります。

中のあんこは、小豆あんよりも、白あんが断然オススメ!カステラ饅頭は白あんのためにあるような和菓子、と思っています。白あん好きな方、ぜひお試しください。

カステラ饅頭の材料と道具

材料:4個分

〇生地
・全卵 :16g
・上白糖:20g
・はちみつ:1~2g(水あめで代用可)
・重曹 :0.3g
・薄力粉:40g
・手粉用の薄力粉:適量

〇中あん
・白あん:100g(25g×4個)

白あんの作り方はコチラをご参考に

【白あんレシピ】手亡豆で作る、基本の白あんの作り方

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・粉ふるい

・オーブン
・クッキングシート

カステラ饅頭の作り方

作り方のポイント

ポイント1:生地を混ぜる時は、さっくりと!

薄力粉を入れ、生地を混ぜる時は、粘りがでないようにさっくりと混ぜてください。ゴムベラを縦方向に動かすと、さっくりと混ぜることができます。

 

ポイント2:生地が出来上がったら、30分休ませる

生地が出来上がったら、ラップをかけ、30分休ませてください。生地が落ち着きます。

生地を作る

1. 卵と砂糖を混ぜる

ボウルに全卵を入れ、溶きほぐします。続いて砂糖を加え、すり混ぜます。

2. はちみつを加える

卵のボウルにはちみつを入れ、軽く混ぜ合わせます

3. 重曹を加える

重曹に微量の水を加えて、重曹を溶かします。ボウルに入れ、軽く混ぜ合わせておきます

4. 薄力粉を加える

薄力粉をボウルにふるい入れ、さっくりと混ぜます。粉が表面から見えなくなるまで、混ぜておいてください

生地を休ませる(30分)

ボウルにラップをかけ、生地を30分休ませます。もし室内が暑い場合は、冷蔵庫に入れておいてください

(オーブンを170℃で予熱しておきます)

あんを包む

白あんを4等分し、丸めておきます。

バットに手粉の薄力粉を置きます。手粉の上に生地をのせ、全体に粉をまぶします

 

生地を4等分にし、丸めておきます。

 

あんを生地で包みます

焼く(170℃/13分)

クッキングシートの上にまんじゅうをのせます。生地が乾燥している場合は、霧吹きをかけてください。オーブンに入れ、13分焼きます

 

焼き上がったら、完成です。

カステラ饅頭のアレンジ方法

1. くるみをのせて、あずままんじゅうに

上にくるみをのせて、ツヤだし卵黄を塗って焼くと、あずままんじゅうになります。くるみがのるとなぜ「あずままんじゅう」と呼びのか、名前の由来は不明…

 

2. 焼印を押して、しゃれたおまんじゅうに

お気に入りの焼印を押すと、素朴なまんじゅうがしゃれたまんじゅうに変身。

焼印はガスの直火で2~3分温めてから、饅頭の表面に押し付けてください。
※カステラ饅頭は、焼き上がり後すぐに押印できます

 

おすすめの焼印はコチラ

【使い方コツ】「焼印」の使い方にもコツがある!焼きごての焼き方・押し方を動画でご紹介
スポンサーリンク

2 COMMENTS

白あんちゃん

このレシピの分量は合っていますか?2回もトライしましたが、どうしても生地は20gの餡子に包みきれないです。その他、自家製の白あんのせいか、餡が直ぐ溶けてしまい、そして生地に包もうとすると全体が溶けてしまい、綺麗に包むことができず、諦めてしまいます。生地を冷やし、餡子もバートも冷やし、手粉も使いましたがダメでした。このレシピは何かここに書いていないコツが必要そうです。

返信する
あんこラボ

ご質問いただき、ありがとうございます。分量の表記に間違いはありません。
原因は、文面から推測する限り、おそらく「手が温かい」故と考えられます。さらに白餡が溶けるということは、あんが柔らかいと思われます。

手の温かい方は、手の熱で生地が柔らかくなります。そして生地に触れる時間が長くなればなるほど、柔らかくなります。
また、高温多湿の時期は、乾燥時期よりも生地がだれやすくなります。

次回は下記の方法で作られることをお勧めいたします。
・部屋にクーラーをかけ、なるべく湿度の低い状態にする
・白あんをやや固め(手で触っても指につかない)にしておく
・生地を触る前に、手を水で冷やす
・生地を広げる際は、手の上ではなくバットの上で行う
・途中で手が温かくなってしまった場合は、あんを包むのもバットの上で行う

よろしくお願い申し上げます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です