笹団子の作り方

5月 端午の節句に、新潟名物の笹団子を作りませんか。新潟では柏餅よりも、笹団子や粽の方がよく食べられているそうですよ。

笹の葉の巻き方も、コツをつかめば大丈夫。動画を見ながら、ぜひ作ってみてくださいね。

笹団子の材料と道具

材料:4個分

<生地>
・白玉粉:30g
・上新粉:30g
・砂糖:10g
・水:45~50g
・よもぎパウダー:2g
(乾燥よもぎでもOK)

<中あん>
・こしあん:80g

<笹といぐさ>
・笹の葉:12枚
・いぐさ:4本
(いぐさが無ければ、たこ糸で代用可能です)

こしあんの作り方はこちらをご参考に

こしあんの作り方

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・蒸し器またはお鍋

笹団子の作り方

下準備

笹の葉を流水で洗います。バットに湯を入れ、葉といぐさを浸し、しばらく置きます
※湯に浸けることで、葉といぐさが柔らかくなり、団子を包みやすくなります

ボウルによもぎパウダーと湯10ccを入れ、ふやかします
※乾燥よもぎの場合は、鍋によもぎと水(かぶる量)を入れ、5分ほどゆで、戻しておきます

1. 生地を作る

ボウルに白玉粉を入れ、水を全量加え、ヘラでよく混ぜ合わせます

続いて、上新粉、砂糖、ふやかしたよもぎを加えて、こね合わせます。よもぎがまだらにならないよう、まんべんなく混ぜてください。耳たぶの柔らかさになればOKです

2. あんを包む

あんと生地を4等分し、丸めておきます

生地であんを包み、形を楕円形にしておきます

3. 笹の葉で包む

笹の葉の表側(ツルツルした方)を上にして、2枚重ね、葉の中心部に団子を置きます

残りの葉1枚を上にかぶせ、団子を包みます

葉の上下部をひねります(それぞれ別方向に)

いぐさを10cmほど残し、ひねった上部に2回巻きつけます

団子の中央部で、いぐさを交差させ、下部にいぐさを2回巻きつけます

団子の中央部でいぐさを巻きつけます

最後に固結びします

4. 蒸す/ゆでる

<蒸す場合>
蒸し器を沸騰させ、中火で15分ほど蒸します

<ゆでる場合>
鍋に湯を沸かし、中弱火(軽く湧いている火加減)で10分ほどゆでます

蒸し上がったら(ゆであがったら)、完成です。

団子が笹の葉にくっついてしまうので、食べる時は葉を上から割くようにお召し上がりください。

動画で見る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。