はったい粉まんじゅうの作り方

はったい粉の香ばしさが美味しい、はったい粉まんじゅう。焼きたてはさっくりで、半日経つとしっとりします。どちらも美味しいけれど、おすすめは焼きたて。

はったい粉まんじゅうは、暑い夏に食べるのがおすすめです。

なぜ夏か?

じつははったい粉の「はったい」は夏の季語。はったい粉が初夏に収穫した新麦(大麦)を炒って挽いたものだから、夏の季語になったとか。昔からやはり夏によく食べられていたそうです。湯で溶かしたものを飲んだり、きなこのように餅や団子にまぶしたりと。

ということで、夏に「はったい粉まんじゅう」作り。オーブンで焼くのでやや暑いですが…そこはご勘弁を。

はったい粉まんじゅうの材料と道具

材料(4個分)

<生地>
・全卵 :25g
・上白糖:20g
・水あめ:2g
・重曹 :0.2g
・薄力粉:25g
・はったい粉:15g
・手粉用の薄力粉:適量

<中あん>
・白あん:25g×4個=100g

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・粉ふるい

はったい粉まんじゅうの作り方

生地を作る

1. 卵に砂糖を加えて、混ぜる

ボウルに全卵と砂糖を加え、すり混ぜます

2. 水あめを加える

ボウルに水あめを入れ、軽く混ぜておきます

3. 重曹を溶かす

重曹に微量の水を加え、ボウルに入れ、混ぜ合わせます

4. はったい粉と薄力粉を加える

はったい粉と薄力粉をふるい入れ、さっくりと混ぜます

生地を休ませる

5. 休ませる(30分)

ボウルにラップをかけ、休ませます。夏は冷蔵庫に入れておいてください

あんを包む

6. 白あんを丸めておく

中あんの白あんを4等分し、丸めておきます

7. あんを包む

バットに手粉(薄力粉)を置きます。手粉の上にまんじゅう生地をのせ、全体に粉をまぶします。生地を4等分にし、白あんを包みます

オーブンで焼く

8. 焼く(170℃/13~15分)

余熱したオーブンに入れ、13~15分焼きます。オーブンに入れる前に生地が乾燥している場合は、霧吹きをかけておくといいです。

焼きあがったら、ケーキークーラーなどにのせ、冷まして完成です。

 

はったい粉の賞味期限は常温で3日ほど。焼きたてと半日後と両方のおいしさをお楽しみください!

はったい粉は、富澤商店で購入できます

はったい粉は、別名「麦こがし」とも。富沢商店や専門店で購入できます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です