はったい粉(麦こがし)まんじゅうのレシピ/作り方

はったい粉は、大麦を炒って挽いた粉。まんじゅうや落雁の粉として使われています。きなこのようにもちにふりかけて食べることもあります。

今回のはったい粉まんじゅうレシピは、カステラ饅頭をベースにしました。オーブンで焼くと、はったい粉の香ばしさが引き出され、シンプルだけど味わい深いおまんじゅうになります。ぜひお試しください。

(カステラ饅頭とは、卵、砂糖、薄力粉の生地をオーブンで焼いた饅頭生地です)

はったい粉とは

はったい粉は、別名「麦こがし」や「おちらし」など。大麦を炒っているため、香ばしいのが特徴です。栄養もあり、小麦粉に比べ、ミネラルやビタミンB、食物繊維などが多く含まれています。

 

昔は家庭でもはったい粉を食べていました。ごはんにかけたり、粉に砂糖と水を混ぜて練ったものをおやつにしていたとのこと。最近は、すっかり食べる機会も減りました。

 

それ故か、はったい粉を使った和菓子もあまり見かけません。京都でははったい粉の和菓子を比較的多く見かけます。はったい粉の落雁や、まんじゅう、もち菓子など。ぜひ見かけた時に、買って食べてみてください。

 

はったい粉まんじゅうの材料と作り方

まんじゅうの材料(4個分)

<生地>
・全卵 :25g
・上白糖:20g
・水あめ:2g
・重曹 :0.2g
・薄力粉:25g
・はったい粉:15g
・手粉用の薄力粉:適量

<中餡>
・白あん:25g×4個=100g

まんじゅうの作り方

1. 卵に砂糖を加えて、混ぜる

ボウルに全卵と砂糖を加え、すり混ぜます

2. 水あめを加える

ボウルに水あめを入れ、軽く混ぜておきます

3. 重曹を溶かす

重曹に微量の水を加え、ボウルに入れ、軽く混ぜておきます

4. はったい粉と薄力粉を加える

はったい粉と薄力粉をふるい入れ、さっくりと混ぜます

5. 休ませる(30分)

夏は冷蔵庫で休ませてください

6. あんを包む

バットに手粉(薄力粉)を敷きます

生地を手粉の上にのせ、生地の全体に粉をまぶします

生地を4等分にし、白あんを丸め、生地で包みます

7. 焼く(170℃/13~15分)

生地が乾燥している場合は、霧吹きをかけておくといいです

 

 

はったい粉/麦こがしは、富澤商店で購入できます

はったい粉/麦こがし

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です