抹茶の和スイーツなら、抹茶ババロア(つぶあん添え)がオススメ

神楽坂・紀の善さんの抹茶ババロアに憧れて、レシピを作りました。抹茶のほろ苦さに、滑らか食感のババロア、そしてあんと生クリームを組合せると何と美味しいこと・・・

今回のババロアレシピは、最もオーソドックスなもの。卵、牛乳、生クリーム、砂糖にゼラチンを使います。作り方は簡単です。また通常は卵黄を使うところを、あっさりとした味にしたかったため、全卵を使っています。

抹茶は製菓用ではなく、飲用の抹茶をお使いください。本来の抹茶の美味しさが味わえます。

神楽坂の紀の善さんは、都内の人気甘味処。創業は1948年。神楽坂の坂の下にあります。

 

メニューはあんみつからぜんざい、お汁粉など。その他雑煮や雑炊などの食事メニューもあります。一番人気は抹茶ババロア!和スイーツとして抹茶ババロアの地位を確立したのは、紀の善さんなのです。抹茶の色が濃くて、とても美味しいです。ぜひ機会があったら、食べてみてください。

 

【紀の善】
飯田橋駅より徒歩5分ほど
営業時間:11:00~20:00(火~土) 11:30~18:00(日・祝)
定休日:月曜日
ホームページ http://www.kinozen.co.jp/

冷たい和菓子抹茶のお菓子

抹茶ババロアの材料と作り方

抹茶ババロアの材料(玉子豆腐器12×7.5cm 1缶分)

・全卵:25g
・牛乳:100g
・生クリーム :50g
・砂糖:20g
・抹茶:2~3g
・板ゼラチン :2g

<トッピング>
・つぶあん
・ホイップした生クリーム

抹茶ババロアの作り方

1. 下準備

板ゼラチンを冷水に3分程浸けておきます

抹茶をボウルにふるい、湯(適量)で溶かしておきます

2. アングレーズソースを作る

全卵をボウルに入れ、砂糖を加えてすり混ぜます

牛乳を鍋で温め、沸騰の手前で火を止めます

卵のボウルに、温めた牛乳を少しずつ加え、ホイッパーで混ぜ合わせます

鍋に戻し入れ、温度計で温度を計りながら、82℃まで温めます
(卵が固まらないように、ゴムヘラで混ぜながら温めます)

3. ゼラチンと抹茶を加える

火を止めたら、ゼラチンの水を絞り、鍋に入れ混ぜ合わせます

さらに、湯で溶かした抹茶のボウルに、鍋のババロア液を適量入れ、混ぜ合わせます。混ざったら、鍋に戻し入れ、全体をよく混ぜ合わせます

4. 漉す

ザルを使い、ボウルに漉し入れます

5. 生クリームを加える

ボウルに生クリームを加え、混ぜ合わせます

6. 型に流し入れ、冷蔵庫で3時間程冷やす

玉子豆腐器にババロア液を入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で3時間ほど冷やし、固めます

7. つぶあんとホイップクリームを添える

ババロアが固まったら、つぶあんとホイップクリープを添えてお召し上がりください!

 

おすすめの抹茶

一保堂さんの「初昔」がオススメです。和菓子に使う抹茶の選び方については、下記の記事もご参考に。

抹茶を選ぶならコレ!和菓子作りにおすすめの一品

 

動画でもご紹介しています


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です