和菓子作りの専門書、おすすめの3冊をご紹介

和菓子をもっといろいろと作ってみたい!本格的に取り組んでみたい!という方におすすめしたい本3冊です。製菓学校の先生が書かれている本なので、作り方も本格的。レシピの掲載数も多いので、とても参考になります。コレは必携。

私も読み込んで使いこんで、結構ボロボロにしてます。

1. 和菓子教本ー和菓子作りの基本から手順とワザまで徹底解説

和菓子を極めたい方には必携の1冊。網羅している和菓子のレシピ数は、他の本を圧倒。まんじゅうから、大福、どらやき、蒸し菓子、生菓子まで全カテゴリーの和菓子が掲載されています。

本の監修は全国和菓子協会。また、執筆は和菓子コースのある「東京製菓学校」の先生です。

私もいろいろな和菓子の基本レシピを、この本から学んでいます。

2. プロのためのわかりやすい和菓子

和菓子の教本と肩を並べるほど、レシピを掲載している本です。関西の辻製菓専門学校の先生が書かれた本です。
 
こちらの本か、上の教本のどちらか1冊は持っておきたいですね。
 

3. 上菓子「岬屋」主人のやさしく教える和菓子のきほん

本のタイトルは”きほん”ですが、内容は基本から中級向け。

内容はとても分かりやすく「あ~これを知りたかった!」というポイント満載の一冊です。レシピは薯蕷饅頭、葛菓子、おはぎ、こなし、つぶあん、白あんの炊き方など。

レシピ掲載数は上記2冊にはかないませんが、厳選された和菓子が載っていて、しかも自宅で手作りしたいものばかり。1冊持っておくと、和菓子作り中級へとステップアップできますよ。

その他にもおススメしたい本はありますが、まずは3冊から。ぜひ、使いこんで、読み込んで、書き込んで、いろいろな和菓子を作ってみましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です