関西風ぜんざいの作り方

関西と関東では、ぜんざいの様子がやや異なります

関西は小豆のつぶ有りがぜんざい、つぶ無しがお汁粉

関東はつぶの有り無しではなく、汁気少な目がぜんざい、汁気多めがお汁粉になります。だから粟ぜんざいはこしあんですが、汁気少なめでぜんざいと呼ばれています。

ぜんざいの東西の違い、いつ頃からあったのでしょうね。面白いですね

今回ご紹介するのは、つぶありの関西風ぜんざいの作り方です。ぜひお試しください

関西風ぜんざいの作り方

材料:2~3人分

・小豆:100g
・砂糖:70~80g

道具:

・鍋
・ザル
・お玉

ぜんざいの作り方

1. 小豆を洗う

小豆をザルに入れ、流水で軽く洗います

2. 小豆を吸水させ、渋切りする

鍋に小豆と水(小豆が充分にかぶる量)を入れ、強火にかけます

沸騰したら、中火にしてください。途中で適宜湯または水を加え、豆が湯から出ないようにします

 

沸騰から20分経過したところで、渋切りを行います。

ざるにゆでこぼし、小豆を軽く流水で洗います

3. 小豆をゆでる(30分程度)

鍋に小豆と湯(小豆が充分にかぶる量)を入れ、中火にかけます。沸騰したら、やや火を弱め、豆が柔らかくなるまでゆでてください

※なお、30分ゆでても小豆の皮はやや舌に残る固さがあります。完全に柔らかくゆでたい場合は、重曹を1.0g入れてゆでてください

途中で適宜湯または水を加え、豆が湯から出ないようにします

30分後、豆を食べてみてます。豆が柔らかくなっていることを確認し、火を止めます。

蓋をして、10分蒸らします

4. 砂糖を加える

鍋のゆで汁をやや減らし(豆がひたひたにかぶる量に)、砂糖を加えます

中火で好みの加減まで煮詰めます。関西風は汁気が残っている間に火を止めてください

時間がある場合は、火を止めてから2時間ほどそのまま置いてください。砂糖が豆にじんわり浸透して、美味しくなります

5. お椀によそい、白玉団子や焼餅をのせる

ぜんざいを温め、お椀によそいます

ゆでた白玉団子や、焼き餅をのせてお召し上がりください

白玉団子の作り方はコチラをご参考に

白玉団子のレシピ

作り方、動画でもご覧いただけます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。