軽羹まんじゅうの作り方(卵不使用)

あのフワフワとした軽羹は、どうすればできるのか?レシピをいろいろ調べてみたところ、卵白と軽羹粉がフワフワの秘訣。

ただ私はややむっちりした方が好きなので、今回のレシピでは、卵白を使いませんでした。

とてもボリューミー。1個で十分に食べごたえあります。

軽羹まんじゅうの材料と作り方

材料:3個分

・大和芋(すりおろし):30g
※皮つきで45~50g(すりおろしの1.5倍量)をご用意ください。皮むいてすりおろすと、量が減ります

・上白糖:45g

・水  :45g

・軽羹粉:45g

・こしあん:75g(25g×3個分)

・サラダ油

※アルミ製のボンブ型(7cm)を使用します

軽羹粉とは?

軽羹用の粉でうるち米から作られています。軽羹粉を使うと、ふわふわ食感になります。

軽羹粉が無い場合は、上新粉で代用も可能です。ただし、出来上がりの食感は異なります。上新粉を使うとむっちり食感になります。

軽羹粉は富澤商店で購入できます

軽羹粉

軽羹まんじゅうの作り方

1. 軽羹生地を作る

大和芋をすり下ろします。芋の皮をスプーンなどでこそげ取ります

芋を洗い、おろし金ですりおろします

おろし方を動画でご紹介しています。ご参考に!

そして、おすすめのおろし金はコチラ
【和菓子道具】おすすめの「おろし金」をご紹介します

 

芋をすりおろしたら、ボウルに芋を30g入れます。
ゴムベラで混ぜ、空気を含ませください

芋に砂糖を加えます。砂糖は2~3回に分けて加え、ゴムベラでよく混ぜます

水を加えます。芋に水を加え、ホイッパーで混ぜ合わせます

軽羹粉を加えます。粉は3回に分けて加え、ホイッパーで混ぜ合わせます

2. あんを丸めて平らにする

あんを丸め、やや平たくしておきます

3. 型に流し入れる

ボンブ型に油を薄く塗っておきます。ボンブ型に生地50gを流し入れます

こしあんを生地の上にのせ、箸を使い、こしあんを生地の中に入れます

作り方のポイント

あんをあまり下に押し込まないようにしてください。蒸している間にあんが沈み、まんじゅうの頭頂部からあんが出てしまいます。

4. 蒸す(30分)

沸騰した蒸し器に入れ、中火で蒸します

5. 型から外す

ボンブ型から軽羹まんじゅうを取り出します

レシピ動画もご覧ください

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です