黒糖まんじゅうの作り方

またの名を利休饅頭。その昔、千利休さんが好んで食べたのか、利休さんゆかりの饅頭なのか、詳細は不明ですが、饅頭の形、色、味、全てが so simple。まさに利休好み。

作り方もシンプル。初めての和菓子作りにおすすめの一品。なお、まんじゅう作りには蒸し器は必須です。

黒糖まんじゅうの材料と道具

材料:4個分

<生地>
・黒糖 :20~22g
・湯  :10g
・重曹 :0.3g
・薄力粉:30g
・手粉用の薄力粉:適量

<中あん>
・こしあん:80g(20g×4個)

道具

・ボウル
・粉ふるい
・ザル
・ゴムベラ
・蒸し器

まんじゅうを作るなら、蒸し器は必須

まんじゅうをふっくらと蒸し上げるには、蒸し器は必須です。鍋を簡易蒸し器として代用することも可能ですが、蒸し器の方が蒸気量も多く、特に蒸して膨張させるまんじゅうには、やっぱり蒸し器の方がいいですね。

おすすめの蒸し器をご紹介しています

和菓子作りにおすすめの角型の蒸し器(金属製)

黒糖まんじゅうの作り方

美味しく作るポイント

1. 美味しい黒糖を使う

美味しい黒糖まんじゅうには、美味しい黒糖が欠かせません。材料がシンプルだからこそ、素材の美味しさが出来上がりに影響します。

おすすめの黒糖は、富澤商店の「八重山黒糖」。原材料がさとうきびのみの美味しい黒糖です。

2. 生地を休ませる

薄力粉を使うまんじゅう生地は、30分ほど休ませるのがポイント。小麦粉のグルテンがおさまり、包あんしやすくなります

1. 黒蜜を作る

鍋に黒糖と湯を入れ、弱火にかけ黒糖を溶かします。黒糖が溶けたら、ボウルに漉し入れ、冷まします

         

2. 生地を作る

黒蜜を30g計量します。足りない場合は水を足し、30gにしてください。続いて、重曹を微量の水で溶き、黒蜜に加え、混ぜ合わせます。

薄力粉をふるい入れ、ヘラでさっくりと混ぜます。混ぜ方は、さっくりと。切るようにヘラを動かし、生地に余分な粘りを出さないようにします

3. 生地を休ませる

ボウルにラップをかけ、30分ほど休ませます。

4. あんを包む

バットに手粉の薄力粉を置きます。生地を手粉にのせ、全体に粉をまぶし、4等分にします。あんも4つに分け、丸めておきます

あんを包みます
※生地は柔らかく、手につきやすいです。生地に手粉をしっかりとつけ、あんを包んでください。

 

 

5. 蒸す(中~強火/10分)

蒸し器をあらかじめ沸騰させておきます。蒸し器にクッキングシートまたは手ぬぐいを置き、まんじゅうをのせます。

まんじゅうの上部に霧吹きをかけ、蓋します。火加減は中~強火で、蒸し時間は10分です。

完成です。

まんじゅう作りのポイントをご紹介しています

黒糖まんじゅうの作り方、6つのポイント

 

黒糖まんじゅうのアレンジ:かりんとう饅頭

かりんとうまんじゅうの作り方

 

レシピ動画を見る


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です