【まんじゅうレシピ】薯蕷まんじゅうのレシピ/作り方(関西式)

薯蕷まんじゅうの作り方には、関西式と関東式の2種類があります。今回ご紹介するのは、関西式。ふんわりと蒸し上がります。

調理時間:40分

薯蕷まんじゅうの材料

4個分

  • 生地
    • 大和芋(すりおろし):15g
    • 上白糖:30g
    • 薯蕷粉:18g(芋+上白糖の40%)
  • 中あん
    • こしあん:80g(20g×4個)
  • 手粉
    • 薯蕷粉:適量

 

薯蕷まんじゅうは、「大和芋」または「山の芋」や「つくね芋」をお使いください。

これらの芋はヤマノイモ科の芋。色は真白で、粘りの強さが特徴。食べ方はとろろなど。大和芋は関東を中心に、つくね芋は関西が中心となります。

なお、ヤマノイモの仲間には長芋や山芋、自然薯などが含まれます。長芋などは水分が多く、薯蕷まんじゅうには向きません。大和芋やつくねいもをお使いください。

薯蕷まんじゅうの作り方

1. 芋をすり下ろす

芋の皮をスプーンなどでこそげ取り、すり鉢またはおろし金を使いすりおろします。

2. 上白糖を芋に加え、すり芋を作る

ボウルやすり鉢にすりおろした芋を15g入れます。砂糖を3回に分けて加え、ヘラやすりこぎで混ぜ合わせます

3. 薯蕷粉と合わせる

薯蕷粉をボウルに入れ、すり芋を入れ、もみ合わせます

4. 生地を分割する

バットに手粉の薯蕷粉を敷いておきます。その上に生地をのせ、4等分し、丸めておきます
※ここで音を確認します。生地を分けた際に「スポッ」と音がしたらOKです

5. あんを包む

手のひらに生地をのせ、あんを包みます

6. 蒸す(強火/8~10分)

沸騰した蒸し器に入れ、強火で蒸します。蒸し時間は8~10分です。

 

関西式と関東式の違いは?

2つの違いは、砂糖と薯蕷粉の加える順番です。

関西式は、芋に砂糖を加えてすり混ぜてから、薯蕷粉を加えます。関東式は、砂糖と薯蕷粉を合わせたものを芋に加えます。

出来上がりは異なります。関西式はふんわり、関東式はしっとりします

 

動画でも見られます(関東式ですが…)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です