吹雪まんじゅうの作り方

吹雪まんじゅうは、通常のおまんじゅうより生地の量を減らし、中のあんが見えるように包んだおまんじゅうです。

別名、やぶれまんじゅう、または田舎まんじゅう、薄皮まんじゅうとも。

あえて中のあんを見せるというのは、発想が面白いですね。きっと、最初に作った人はまんじゅうを作っていたら「生地が足りなくなっちゃた・・・まあ、包めればいいか」と、半ば緊急避難的に生まれたものではないかと思います。違っていたらごめんなさい。

作り方は、紅白まんじゅうや黒糖まんじゅうと同じです。ただ包む時は、あんをきれいに包もうとせず、あんが見えるように包んでくださいね。

吹雪まんじゅうの材料と道具

材料:4個分

◎生地
・上白糖:10g
・水:5g
・イスパタ:0.3g
・薄力粉:15g
・手粉(薄力粉):適量
◎中あん
・こしあん:80または100g(20g×4個または25g×4個)

イスパタとは?

イスパタは膨張剤の一つ。主に白いまんじゅう用に使われます。また焼き菓子には重曹と組み合わせて使うこともあります。和菓子作りには持っておきたい材料の一つ。

ちなみに重曹やベーキングパウダーとの違いは、発生するガス。重曹・ベーキングパウダーは「炭酸ガス」、イスパタは炭酸ガスと「アンモニアガス」が発生します。イスパタを使うと蒸し上がりはややアンモニア臭がしますが、冷めると分かりません

イスパタは富澤商店で購入できます

イスパタ

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・粉ふるい
・蒸し器

まんじゅうを蒸すなら、蒸し器は必須

簡易タイプではなく、本格的な蒸し器を。

【蒸し器選び】和菓子には角型の蒸し器がおすすめです

 

吹雪まんじゅうの作り方

1. 生地を作る

イスパタを溶かす

イスパタに水5gのうちのごく微量を加え、溶かしておきます

砂糖と水を混ぜる

上白糖に残りの水を加え、ゴムベラで混ぜ合わせます

イスパタを加える

水溶きしたイスパタを加え、軽く混ぜ合わせます

薄力粉をふるい、加える

薄力粉をふるい、ボウルに入れ、さっくりと混ぜ合わせます。

粉気がなくなるまで混ぜてください。

2. 生地を休ませる(15~30分)

ボウルにラップをかけ、15~30分ほど置き、生地を休ませます

3. あんを包む

あんを丸める

あんを丸め、バットに置きます。手粉用の薄力粉(適量)ものせておきます

あんを包む

生地を手粉の上に置き、全体に粉をまぶし、分割して丸めておきます

手のひらで生地を丸く押し広げ、あんを包みます。包み終わったら、生地のとじ目を下にして、バットに置きます

4. 蒸す(5~6分/中~強火)

蒸し器を沸騰させておきます

蒸し器にクッキングペーパーなどを置き、まんじゅうをのせ、5~6分蒸します。

蒸しあがったら、完成です。

蒸し上がりは柔らかいですが、時間と共に固くなります。固くなった場合は、電子レンジや蒸し器で温めると、柔らかくなりますよ。

賞味期限は翌日まで。お早めにお召し上がりください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です