寒い日にほっこり!酒粕で作る酒まんじゅうレシピ

寒い日に食べたい、酒まんじゅうのレシピです。本来は酒種で発酵させますが、手間も時間もかかるため、イスパタ(膨張剤)を使います。ぜひお試しください。蒸し立ては酒粕のいい香りがします。

冬の和菓子

酒まんじゅうの材料と作り方

酒まんじゅうの材料:4個分

<生地>
・薄力粉:30g
・上白糖:15g
・水または日本酒:10g(日本酒は甘口がオススメ)
・イスパタ:0.6g
・酒粕 :10g
※酒粕は少し柔らかいものがオススメ。板状の固い酒粕は、電子レンジなどで温めて柔らかくしてお使いください。

<中餡>
・こしあん: 100g(25g×4個)

<手粉>
・薄力粉

酒まんじゅうの作り方

1. まんじゅう生地を作る

ボウルに酒粕と砂糖を入れ、すり混ぜます。酒粕が滑らかになったら、水を加えよく混ぜ、裏漉して滑らかにします

続いてイスパタを加えます。イスパタは微量の水を加えて溶かしてから、酒粕に加えてください。

イスパタとは?

イスパタは膨張剤の一つ。白いまんじゅうを作る際によく使われます。炭酸とアンモニアガスで膨張します

ボウルに薄力粉をふるい入れ、ヘラでさっくりと混ぜます。混ぜ過ぎないようにご注意ください

 

2. 生地を冷蔵庫で休ませる(30分)

ボウルにラップをして、冷蔵庫で休ませておきます。休ませる時間は30分です。

 

3. あんを分割する

バットに薄力粉を敷き、まんじゅう生地をのせます。手粉をつけ、生地を4等分し、丸めておきます。

あんを4つに丸めます。

生地を手のひらで丸く広げ、上にあんをのせ、包みます

 

4. 蒸す(中~強火/10分)

蒸し器を沸騰させます。まんじゅうを入れ、霧吹きをかけて蒸します。蒸し時間は10分です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です