嶺岡豆腐(みねおかどうふ)の作り方

嶺岡豆腐は牛乳を葛で固めたもの。ごま豆腐の牛乳版です。もっちりとした葛独特な食感。黒蜜をかけてデザートとしてもよし、あるいは出汁をかけておかずの一品としてもよし。甘・塩のどちらでも美味しいです。

作り方は簡単。そして牛乳でタンパク質も摂取できるので、夏の食欲不振な時などにもおすすめ。

嶺岡の名前の由来は、千葉県の房総にある嶺岡山地。この地域で、江戸時代に酪農が始まったそうで、牛乳を使った料理に「嶺岡」の名前が使われるようになりました。牛乳鍋の嶺岡鍋もそうですね。

嶺岡豆腐の材料と道具

材料:玉子豆腐器(12cm×7.5cm)1つ分

・牛乳:240g
・葛粉:20g
・上白糖:20g
黒蜜

葛粉は本葛粉と葛粉と2種類あります。嶺岡豆腐はどちらでもOK。葛粉についてはこちらもご参考に

【材料の基本】葛粉について学ぼう!

道具

・ぼうず鍋
・ボウル
・ゴムベラ
・茶こし
玉子豆腐器(12×7.5cm)

嶺岡豆腐の作り方

1. 葛粉を溶く

ボウルに葛粉を入れ、牛乳を加え、葛粉を溶かします。葛粉は溶けにくいので、ヘラでしっかりと混ぜ、溶かしてください

2. 漉して、砂糖を加える

茶こしを使い、葛を鍋に漉し入れ、砂糖も入れます

3. 葛を加熱する

中火で加熱します。ゴムベラを使い、鍋底からヘラを入れ、全体を練り混ぜます。

あんこラボ
あんこラボ

鍋底からしっかりと練り混ぜてくださいね

しばらくして、もったりとしてきたら、火を止めます

あんこラボ
あんこラボ

ヘラにもったりとのる感じになったら出来上がりです

4. 型に入れる

玉子豆腐器に入れます。

バットに水を張り、玉子豆腐器を入れて、冷やします

その後、冷蔵庫に入れて冷やします
※冷蔵庫で冷やし過ぎると葛が固くなってしまうため、冷えたらすぐに取り出してください

あんこラボ
あんこラボ

葛は冷蔵庫で保管できないのが悩みどころなのです

5. 型から取り出し、カットする

型から取り出す際は、水の中で取り出します。好みのサイズでカットして完成です

嶺岡豆腐には黒蜜が合います。いろいろなソースを試してみましたが、黒蜜が一番でした

黒蜜の作り方

嶺岡豆腐の作り方、補足

・嶺岡豆腐は当日中にお召し上がりください

・冷蔵庫に長時間入れると、固くなり、食感が変わってしまいます。ある程度冷蔵庫の中で冷えたら、すぐに取り出してください

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。