つぶあんで作る「小豆アイスクリーム」の作り方

つぶあんのあっさりライトなアイスクリームを作ります。食後のデザートに、お風呂上りにおススメです。

保存料はもちろん一切使わないので、素材の純粋な美味しさが味わえます。ただし日持ちしないので、作ったら早めにお召し上がりください。

作りたてはとても美味しく、空気が入りたてなので、ふんわりとした食感です。この美味しさは市販のアイスでは味わえないですね。

小豆アイスクリームの材料と道具

小豆アイスクリームの材料:2人分

・牛乳:65g
・生クリーム:15g
・卵黄または全卵:25g
・砂糖:15g
・つぶあん:80g

※全卵で作ると、さらにあっさり味になります

小豆アイスクリームの道具

・鍋
・ボウル
・ザル(ストレーナー)
・ゴムベラ
・ホイッパー
・アイスクリームメーカー
・温度計

おすすめのアイスクリームメーカー

自宅でアイスを作るなら、持っておきたいのが『アイスクリームメーカー』。材料を入れてスイッチを押すだけで、わずか10分*程でアイスクリームが出来上がります。

各社アイスクリームメーカーがありますが、一番のオススメは貝印の小型タイプ。

冷凍庫に入れても、邪魔になりません。出来上がり量は1~2人分ですが、手軽に作れるので、その都度作ることができます

*事前に容器を冷凍庫で冷やす時間を除く

小豆アイスクリームの作り方

動画レシピ

(動画では、生クリームを入れ忘れました)

下準備(12時間前)

アイスクリームメーカーのポットを12時間前までに、冷凍庫に入れておきます。忘れてしまうとアイスが出来ないので、冷凍庫に入れっぱなしでもいいかも。

アイスクリーム液を作る(アングレーズソース作り)

1. 卵と砂糖を混ぜる

ボウルに卵黄または全卵、砂糖を入れ、ホイッパーですり混ぜます。やや白っぽくなるまで混ぜておいてください

2. 牛乳を温める

牛乳を鍋に入れ、温めます。沸騰の手前で火を止めてください

3. 牛乳と卵液を混ぜ合わせる

温めた牛乳を卵液に少しずつ加え、混ぜ合わせます。
※牛乳を一度に加えると卵がボソボソとするので、ご注意ください

4. 鍋に入れ、もう一度温める(82℃まで)

鍋に戻し入れ、弱火で82℃まで温めます。
卵が固まらないよう、ゴムベラで混ぜながら温度を上げていきます

    

5. 裏漉して、生クリーム、つぶあんを加える

ボウルにザル(ストレーナー)を使い漉し入れます。そして生クリームを加え、混ぜ合わせます。

さらに、つぶあんを加え、混ぜ合わせます

冷蔵庫で冷やす

粗熱が取れてから冷蔵庫に入れ、30分ほど冷やしておきます

※アイスクリーム液が温かいうちに、アイスクリームメーカーに入れてしまうと、アイスクリームが固まらず、出来上がりません

アイスクリームメーカーを回す(10分以内)

アイスクリーム液をポットに入れます。

蓋をして、スイッチを押し、10分ほど回しておきます。
※10分以上かけると、アイスがカチカチに固まってしまう場合があります。ご注意ください

アイスクリームが出来上がったら、保存容器(ステンレス製の容器がオススメ)に入れ、30分ほど冷凍庫で冷やし固めてください

スプーンですくってお召し上がりください

その他、アイスクリームレシピはこちら

あっさり美味しい「抹茶アイスクリーム」の作り方 白あんアイスクリームの作り方 山椒アイスの作り方 【アイスレシピ】桜あんで作る「桜あん豆乳アイスクリーム」の作り方

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です