宇治金時の作り方

ここ10年のかき氷ブームで、すっかり様変わりしたかき氷市場。シロップも生のフルーツをふんだんに用いたものから、洋酒やコーヒー、ココア、あるいはカスタードや生クリーム添えなど、華やかでゴージャスなかき氷が増えましたね。

でも、時にはシンプルで昔ながらのかき氷もいいな…と。そんな時は、ご自宅で定番の宇治金時を作ってみませんか。シロップも手作りします。

宇治金時の材料と道具

材料:1人分

・抹茶:2g
・グラニュー糖:30g
・湯:25g
・氷:適量
・つぶあん;30~40g程度(お好みの量で)

道具

・鍋
・ボウル
・茶こし
・ホイッパー
・かき氷器

宇治金時の作り方

動画レシピを見る

1. 抹茶シロップを作る

抹茶をボウルにふるい入れます

鍋にグラニュー糖と熱湯を入れ、火にかけます(火加減は中火)。沸騰後、30秒ほどそのまま火にかけてください。火を止め、白蜜をボウルに入れ、冷やします。

白蜜が冷えたら、抹茶に注ぎ入れ、ホイッパーで混ぜ合わせます

2. 氷を削る

かき氷器に氷を入れ、削ります。

氷を削る際、ガラスの器を回し、位置を調節しながら氷を入れると、かき氷の山型が出来上がります

3. つぶあんとシロップをかける

つぶあんをのせ、抹茶シロップをかけて、完成です

 

 

おすすめのかき氷器はこちら

おうちで作るならコレ!オススメのかき氷機をご紹介します

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です