生八つ橋の作り方

もっちりとした食感が美味しい生八つ橋のレシピです。

八つ橋は上新粉を蒸して生地を作りますが、上新粉だけではやや固くてこねにくいので、白玉粉を少し加え柔らかいレシピにしています。

ぜひお試しください

生八つ橋の材料:6枚分

・白玉粉:10g
・上新粉:35g
・水:45g
・砂糖:30g
・シナモン:少々
・つぶあん:60g(10g×6個)
・きなこ :少々(手粉用)

生八つ橋の道具

・ボウル
・ホイッパー
・ヘラ
・蒸し器
玉子豆腐器(小)
・手ぬぐいまたはさらし布
・麺棒

生八つ橋の作り方

1. 生地を作る

ボウルに白玉粉と水を加えて混ぜます。

上新粉と砂糖を加えて、さらに混ぜ合わせます。

シナモンを3~5振り程度加えて、混ぜてください。

玉子豆腐器などの金属製の型や容器、バットを用意します。型に濡らしたクッキングシートを敷き、生地を流し入れます

2. 蒸す(15分/中~強火)

沸騰した蒸し器に入れ、15分間蒸します

3. きなこをまぶす

麺台やシリコンマットを用意し、マットの上に手粉のきなこを敷きます

蒸し上がった八つ橋の生地をのせ、全体にきなこをまぶす

4. 生地をカットし、のばす

生地をスケッパーなどで6等分し、それぞれ麺棒で四角形に広げます

5. あんを包む

生地の端をカットし、正方形にします。真ん中にあんをのせ、三角形に折り、完成です。

※生地の切れ端は、オーブンで焼くと固焼きの八つ橋になります。

つぶあんの他に、芋あんや栗などもオススメ。シナモンと合いますよ。

春は桜の八つ橋もおすすめです

桜の八つ橋の作り方
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。