かりんとうの作り方/レシピ

甘さ控えめ、黒糖かりんとうのレシピです。おやつにおすすめ。ぜひお試しください。

かりんとうの材料

<生地>
・薄力粉:50g
・砂糖 :10g
・重曹 :1g
・水  :22~23g

<打ち粉>
・薄力粉

<蜜>
・黒糖:25g
・水 :10g

MEMO

◎かりんとうの歴史

奈良時代に遣唐使によってもたらされた唐菓子(からくだもの/とうがし)がかりんとうの起源。唐菓子のなごりが、亀屋清永さんの「清浄歓喜団」や「ぶと」。

かりんとうは江戸中期頃には食べていたそうで、名前は不明。かりんとうの名前が出てくるのは江戸後期です。

現在のようなかりんとうは明治時代から。明治8年の浅草・飯田屋さんが棒状のものに黒糖をつけて売り出したのが始まりだそうです

かりんとうの作り方

1. 粉、砂糖、重曹、水を混ぜる

ボウルにふるった薄力粉と砂糖を入れます。

重曹に水少々(22gで計量した水の中から使う)を加えて溶かし、ボウルに加えます。

残りの水を加え、ヘラで全体を混ぜ合わせます

2. 生地をこねる

手で、生地をこねます。ボウルの中で生地がやや滑らかになるまでこねてください

3. 生地をのばす

麺台やシリコンマットを敷き、打ち粉の薄力粉を敷きます。

生地を麺棒で伸ばし、厚さ2~3mmにします。

横半分にカットし、端から5mm幅でカットします。

4. 揚げる(170℃)

油を170℃に温めます。

油の中にかりんとうを入れ、気泡が出なくなるまで揚げてください。

※しっかりと揚げなければ、カリっという食感になりません。5分以上の時間をかけて揚げていきます

 

かりんとうが揚がったら、キッチンペーパーにのせ、油を切ります

5. 蜜を作る

フライパンに黒糖と水を入れ、火にかけ、黒糖を溶かします。

とろみがついたら、かりんとうを投入。蜜をまんべんなく絡めて、火を止めます。

 

6. 冷ます

バットにクッキングシートを敷き、その上にのせて、粗熱を取ります

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です