【京都和菓子巡り】和菓子ゆかりの地を訪ねる

和菓子の聖地、京都。

京都を訪れたら、京菓子の魅力を味わってみませんか?

ここ数年京都に通い続け見つけた、京菓子の魅力。まだまだ知らないことも数多くありますが、少しでもその魅力をお伝えしたく、シリーズでご紹介しています。

京菓子の魅力を知ると、きっとあなたも和菓子の世界にもっともっとハマりますよ。

今回ご紹介するのは、和菓子屋さんではなく、和菓子ゆかりの場所。

さすが和菓子の聖地。街中にはいろいろなゆかりの場所が残っています。今回は和菓子好きさんにぜひ訪ねていただきた5か所をご紹介します。

京都・和菓子ゆかりの地をご紹介

1. お菓子の神様を祀る「菓祖神社」

京都大学の近くの、吉田神社内にあります。お菓子の神様「田道間守命(たぢまもりのみこと)」と、饅頭の神様「林浄因命(りんじょういんのみこと)」を祀った神社。

田道間守は、日本の菓子祖。その昔、垂仁(すいじん)天皇の命を受け、常世の国(中国)から非時香菓(ときじくのかくのこのみ)の橘を持ち帰った人です。

10年かかって日本に持ち帰ったとか。田道間守が日本に戻った時には、すでに垂仁天皇は亡くなっていたそうです。(from 日本書紀)

田道間守は、出身地の兵庫・豊岡の中嶋神社や、持ち帰った橘を最初に植えた和歌山の橘本神社にも祀られています。

ちなみに、橘はみかんの一種。

林浄因はおまんじゅうの神様。1300年代に中国から日本へ渡り、あの塩瀬総本家の祖となる饅頭を作った人。

奈良で塩瀬姓を名乗り、饅頭屋を生業としました。ちなみに奈良にも林浄因を祀った林神社があります。

菓子とまんじゅうの神様を祀った菓祖神社の境内には、色鮮やかな朱色の鳥居があります。背景の木々とのコントラストがとても美しいですね。

そして境内の石柱には、京都の名だたる菓子屋さんの名前が。さすが、京都の菓祖神社。京都の和菓子屋さんを吉田山から見守っているのですね。

 

菓祖神社へのアクセス
バス停・京都大学正門前から徒歩10分ほどです

吉田神社は吉田山にあり、神社までは階段と山道を上ります。勾配はさほどきつくないので、体力に自信のない方でも大丈夫です

2. 京都御所の道喜門

京都御所内、建礼門の右横にあるのが道喜門(どうきもん)です。

建礼門に比べるととても小さく、質素な作り。知らないとそのまま通過してしまいます。

 
右奥の小さな門が道喜門

道喜門とは、川端道喜さんが毎朝、御朝物(おあさもの:おもちです)を届けていた専用の出入り口。

道喜さんの創業が1503年。いつから御所に出入りしていたかは不明ですが、東京遷都まで続いたそうなので、350年以上に渡り行われていたはず。

こんなにも長い間、毎日毎日行き来していた門だと知ると、感慨深いものがあります。

現在、川端道喜さんのお菓子は完全予約制。なかなか食べる機会も無いのですが、道喜門ならいつでも行かれるので、ぜひ一度訪れてみてください。

京都御所は通年公開。紫宸殿や庭園なども見学できます。

御所の庭園では、右近の橘と左近の桜も見られます。ひな人形の花飾りの元となったものです。


囲いの中が、右の橘。あいにく養生中でした…

京都御所へのアクセス

地下鉄の丸太町または今出川駅から徒歩10分ほどです

 

3. 下鴨神社の御手洗社(みたらししゃ)

下鴨神社本殿の右横にある、井上社(別名、御手洗社)。

井上社と言えば、水みくじ。水に浸すと、メッセージが浮かぶおみくじです。体験した方もいらっしゃるのでは?

ここ井上社が、みたらし団子の発祥地となります。

社内を流れるみたらし川やみたらし池は、土用になると、底から清水が湧き出たそうで、その水泡をかたどり、みたらし団子が出来ました。

下鴨神社近くの加茂みたらし茶屋では、みたらし団子をいただけますよ。1本に5つ玉の団子です。

下鴨神社へのアクセス

バス停・下鴨神社前/糺ノ森前

または、京阪電車の出町柳駅から徒歩10分ほど

 

4. 祇園で見つけた和菓子ゆかりのもの

祇園の店先でよく見かける、赤い提灯。じっくりと見たことありますか?

提灯に描かれているのは、祇園のトレードマーク。じつは団子なのです。

下記写真、祇園甲部の提灯。8つの団子が描かれています。ちなみに、祇園東は円でつながった8つの団子が描かれています。

 

もとは、北野天満宮のお隣にある「上七軒」のシンボルマークにあやかったもの。上七軒は、団子が5つ。2本連なっているそうです

団子が上七軒のトレードマークになったきっかけは、豊臣秀吉。北野の大茶会で出されたみたらし団子をたいそう気に入り、茶屋にみたらし団子を商う権利を与えたそうで、それ以来上七軒のトレードマークが団子になったそうです。

祇園や北野の上七軒を訪れたら、提灯を見てみてください

祇園へのアクセス

バス停・祇園

または京阪電車の祇園四条駅、阪急電車の河原町駅

5. 饅頭屋町(まんじゅうやちょう)

烏丸三条にある、地名です。

ちょうどホテルモントレのあたり。ちなみに、ホテルモントレの住所は、京都市中京区烏丸通三条下ル饅頭屋町604。

名前の由来は、その昔に饅頭屋があったから。菓祖神社で紹介した、林浄因の塩瀬家が饅頭屋を構えたところだそうです。

町を歩いて、住所表示を探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。

近くには、亀末廣さんや、大極殿本舗さんがありますので、和菓子屋さん巡りのついでに立ち寄ってみてください。

饅頭屋町へのアクセス

地下鉄の烏丸御池駅から徒歩1分

 

以上、京都和菓子ゆかりの地のご紹介でした。

京都和菓子巡りはこちらもご参考に

【京都和菓子巡り】おすすめルートをご紹介②:祇園エリアと市内中心部 あんこ好きなら一度は食べたい!「大納言」を求めて京都・亀末廣さんへ 【京都和菓子巡り】おすすめルートをご紹介①:今出川通りと北大路エリア 【京都和菓子巡り】京都でしか味わえない和菓子の数々 【京都和菓子巡り】京都で味わう、上生菓子の魅力

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です