京都和菓子巡り:京都で愉しむ、生菓子との一期一会

和菓子の聖地、京都。

せっかく京都に行くなら、京都ならではの和菓子の魅力を味わってみませんか?

ここ数年京都に通い続けて、見つけてきた京都の和菓子の魅力。まだまだ知らないことも数多くありますが。

少しでもその魅力を皆さまにお伝えしたくて、シリーズで京都の和菓子の愉しみ方をご紹介します。

魅力を知ると、あなたも和菓子の世界にもっともっとハマりますよ。

今回のテーマは「生菓子」です。

京都の生菓子とは?

京都の和菓子屋さんの店頭には、季節ごとに、色とりどりの生菓子が並びます。

生菓子は茶席のお菓子としてもおなじみ。京都の歴史は茶道とは切り離せず、和菓子も茶道と共に歩んできました。

その種類の豊富さ、デザイン性、表現方法はどれも京都ならでは。他の街では見ることが出来ません。

京都に行ったらこの生菓子をいただかないのはモッタイナイです!ぜひ、京都では季節の生菓子をいただきましょう。

生菓子の魅力とは?

生菓子は季節ごとに作られるもの。いつ行っても同じお菓子がある訳ではありません。

まさに一期一会。その時にどんな和菓子に出会えるのか、出会いを楽しむのが生菓子の魅力なのです。

春なら梅や桜をテーマにした和菓子、夏なら紫陽花や菖蒲、秋には菊や紅葉、冬は椿、水仙など。さらに素材も変わります。春は本わらび、夏は葛や錦玉、秋は栗、冬は薯蕷など、またきんとんは季節ごとに色や意匠、素材が変わります。

ぜひお店を訪ねて、今はどんな生菓子があるのかなと、出会いを楽しんでみてください。多くのお店では、一つから購入できます。あまり沢山購入しても、賞味期限はほとんどが当日中。無理されませんように。

生菓子を選ぶ愉しみ

生菓子と言っても、種類は様々。こなし、きんとん、ういろう、薯蕷まんじゅう、葛、わらび、錦玉、羊羹、羽二重餅、道明寺、浮島などなど。

どこのお店も3~4種類の生菓子が同時に販売されています。

その中からどう選ぶか?

オススメの選び方は「食べてみたいものを選ぶ」ですね。

見た目の美しさから選ぶのもOK、食べてみたいものを選ぶのもOK、さらに菓名(お菓子の名前)で選ぶのもOKで。ただし、また来年も同じ和菓子があるとは限りません。だからこそ一期一会。その時に目や心を奪われたものを選びましょう。

お店で生菓子を購入する愉しみ

生菓子を買いに本店を訪ねてみましょう。どこの和菓子屋さんでも生菓子が販売されている訳ではありません。生菓子のあるお店と言えば、有名どころではとらや、鶴屋吉信、塩芳軒、老松、末富など。

どのお店も店内のショーケースには、当日販売の生菓子が置かれています。さらに見回すと、季節の干菓子や、昔からのお菓子道具や箱などの展示があるところも。建物や店内の雰囲気を見ながら和菓子を購入できるのは、京都ならでは。ぜひお店で購入したいです。

生菓子購入するならオススメの3軒

本当はもっともっとオススメしたいところですが、3つでごめんなさい。どこもイートインではなく、お持ち帰りとなります。

・塩芳軒(しおよしけん)

1882年(明治15年)創業。京都御所から歩いて15分程のところにあります。最寄り駅は地下鉄・今出川駅、バスなら堀川中立売停留所。店前には、大きなのれんがかかり、京格子が京都ならではの風格を感じさせます。

 

お店の扉を開けると、右側にショーケースがあり、季節の生菓子が並んでいます。塩芳軒さんの生菓子はとにかく美味しい。午前中早めなら予約無しで購入できます。早めに行きましょう。

初めて塩芳軒さんに伺ったのは、まだ寒さの残る2月下旬頃。その時は本わらび餅を購入しました。本わらびの美味しさに感動したのを覚えております。2回目の訪問は10月中旬。この時は栗の生菓子をいただきました。

営業時間:9:00~17:30
定休日:日曜・祝日・月1回水曜日(不定)
https://www.kyogashi.com/

 

・千本玉壽軒(せんぼんたまじゅけん)

1938年(昭和13年)創業。お店は北野天満宮から徒歩10分のところにあります。バスなら千本今出川の停留所からすぐ。

 

店内には生菓子のショーケースと、干菓子のショーケースがあります。生菓子はどれも美しく繊細。そしてもちろん美味しいです。干菓子の数々も目を奪う美しさです。千本玉壽軒さんも午前中早めに伺いましょう。

お店に初めて伺ったのは10月中旬で、この頃の生菓子は「栗」がメインでした。栗餅を購入。柔らかい求肥に滑らかなこしあんと栗が入って、求肥の美味しさにただただ溜息をつくばかり・・・美味しかったです。

ちなみに、羽二重餅の「西陣風味」も絶品です。

営業時間:8:00~18:00
定休日:水曜日
http://sentama.co.jp/

 

・嘯月(しょうげつ)

1916年(大正5年)創業。地下鉄・北大路駅から徒歩10分ほど。住宅街の中に佇む、完全予約制のお店。

 

嘯月さんといえば「きんとん」。季節ごとに繊細な姿のきんとんが作られています。初めて伺ったのは秋。この時は秋のきんとん「交錦」をいただきました。きんとんあんのソフトで滑らかな舌触り。初めて食べた餡の食感でした。感動の一品。

完全予約制なので、前もって予約してから伺います。予約時に電話で生菓子の種類を尋ねることも可能です。もし希望がなければ「きんとん」か「おまかせ」でお願いするのがオススメ。遅くとも3日前には予約した方がいいと思います。(数が多い場合はもっとお早目に)

営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

お店に伺ったら、ぜひ一期一会の会話を

京都の和菓子屋さんというと、ちょっと敷居が高そうに思われますが、決してそんなことはありません。

ぜひお店に伺ったら、お店の方とお話ししてみませんか?

お店が忙しい時は早々に切り上げますが、他にお客様がいなければ、お菓子のこと、お店のこと、尋ねてみるのも面白いですよ。いろいろと教えてくださいます。一期一会の会話。

生菓子を購入したら、当日中に

生菓子は新鮮さが命。購入した当日になるべく食べたいもの。

京都に宿泊される方は、宿泊先で。日帰りの方は、ご自宅で。あるいは京都の街中の公園で、お茶と共に一休みも兼ねて、頂くのもいいものですよ。

お店では、お願いすると楊枝の黒文字を下さいます。せっかくなので黒文字でいただきましょう!

 

京都和菓子の愉しみ方、今回は生菓子編をお伝えしました。

とにかく京都の生菓子は他にはないもの。京都に行ったら、ぜひ生菓子を楽しみましょう。

 
京都の和菓子屋さんの情報収集は、こちらの本を参考にしています

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です