【京都和菓子巡り①】1日満喫ルート、今出川通りと北大路エリア

京都に行くなら、和菓子屋さんを巡ってみませんか?

京都は和菓子の聖地。市内には数多くの和菓子屋さんがあります。とは言え、たくさんあり過ぎてどこから訪ねればよいものか悩むことも。

そこで今回は、京都に通い続けたからこそ見つけた、オススメのエリアとルートをご紹介します

京都の和菓子巡りは本当に楽しいですよ。食べても良し、買ってもよし、東京では見かけない和菓子も数多くあります。きっと素敵な和菓子に出会えますよ。

まずは京都市内の和菓子エリアをチェック

市内は大きく分けると4エリア。

1:地下鉄今出川駅から北野天満宮までの「今出川通りエリア」

2:地下鉄の北大路駅から大徳寺・今宮神社にかけての「北大路・紫野エリア」

3:八坂神社から清水寺周辺の「祇園エリア」

4:地下鉄の四条駅から烏丸御池駅にかけての「市内中心部エリア」

今回は、1日かけて和菓子を満喫するエリアを2つ「今出川通り」と「北大路・紫野エリア」をご紹介します。

1. 今出川通りエリア

京都御所の北西部にあるエリア。地下鉄の今出川駅から北野天満宮まで約2.5kmの道のりです。

このエリアには、名だたる老舗の和菓子屋さんが軒を連ねています。とらやでしょ、鶴屋吉信、俵屋吉富、そしてイチ押し塩芳軒など。

和菓子も上生菓子からようかん、わらび餅、イートインの粟餅、あんと最中セットなど、茶席の和菓子からおやつまで多種類の和菓子を購入できます。

そして何よりも嬉しいのが、どこのお店もほぼ予約が不要なこと。もちろん売り切れることもありますが、午前中ならお目当てのものも買えるはず。ぶらり歩きながら、訪ねていきましょう。

・とらや一条店(庭園を眺めながら、一条店限定の和菓子を)
営業時間:9:00〜19:00(喫茶は10:00〜18:00)

・鶴屋吉信 本店
営業時間:9:00~18:00(喫茶は9:30~18:00)

・俵屋吉富 烏丸店(京菓子資料館も併設)
営業時間:9:00~18:00(資料館は10:00~17:00)

・塩芳軒(午前中は、生菓子を予約不要で購入できます)
営業時間:9:00~17:30

・わらび餅の茶洛(切りたてわらび餅をいただけます)
営業時間:11:00~16:00

・カステラの越後家
営業時間:9:00~18:00

・千本玉壽軒(美しい生菓子と共に、干菓子がオススメ)
営業時間:8:30~18:00

・老松
営業時間:9:00~18:00

・粟餅所澤屋(絶品の粟餅は、ぜひイートインで)
営業時間:9:00~17:00

・中村製餡所(最中セットが有名)
営業時間:8:00~17:00

時間があれば全店をめぐりたいのですが、時間の無い方は、塩芳軒、千本玉壽軒、粟餅所澤屋の3店にはぜひ行って見てください。

和菓子が美味しいのはもちろんのこと、店舗を見るだけでも感動します。京都らしい風格のあるお店です。

2. 北大路・紫野エリア

地下鉄北大路駅から、大徳寺・今宮神社周辺の紫野エリア。駅からはやや遠いですが、バスで移動すると便利です。

このエリアは通好みのお店が並びます。要予約のお店や、逸品勝負のお店など。

・嘯月(しょうげつ/上生菓子のお店・要予約)
営業時間:9:00~17:00

・聚洸(じゅこう/上生菓子のお店・要予約)
営業時間:10:00~17:00

・松屋藤兵衛(味噌松風の名店)
営業時間:9:00~18:00

・紫野源水(松の翠が美味しい)
営業時間:9:30~18:30

・あぶり餅かざりや(白味噌のタレが美味しい焼きもち)
営業時間:10:00~17:00

私のオススメは、松屋藤兵衛さんの味噌松風。味噌味の焼き菓子で、噛み締めれば噛み締めるほど、美味しさが口の中に広がります。

 

京都和菓子巡りのご参考にしていただけると幸いです。

京都の和菓子屋さんの情報はコチラの本をご参考に


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です