【京都和菓子巡り】おすすめルートをご紹介②:祇園エリアと市内中心部

和菓子の聖地、京都。

京都を訪れたら、京菓子の魅力を味わってみませんか?

ここ数年京都に通い続け見つけた、京菓子の魅力。まだまだ知らないことも数多くありますが、少しでもその魅力をお伝えしたく、シリーズでご紹介しています。

京菓子の魅力を知ると、きっとあなたも和菓子の世界にもっともっとハマりますよ。

今回のテーマは「和菓子屋さん巡り」。半日和菓子を求めて、京都の街中を巡りたい方におすすめのルートを2つご紹介します。

京都の和菓子巡りはとても楽しいですよ。食べても良し、買ってもよし、他では見かけない和菓子も数多くあります。きっと素敵な和菓子に出会えます。

京都和菓子屋さん巡り、おすすめのルート2つ

まずは京都市内の和菓子エリアをチェック

市内の和菓子屋さん巡りは、大きく分けて4ルートあります。

1:地下鉄今出川駅から北野天満宮までの「今出川通りエリア」

2:地下鉄の北大路駅から大徳寺・今宮神社にかけての「北大路・紫野エリア」

3:八坂神社から清水寺周辺の「祇園エリア」

4:地下鉄の四条駅から烏丸御池駅にかけての「市内中心部エリア」

今回ご紹介するのは、3の祇園エリアと4の市内中心部エリアです。

祇園エリアとは?

ご存じ、祇園は花街そして繁華街。

アクセスは、京都駅からバスまたは京阪電車の祇園四条駅から徒歩となります。

昔から八坂神社の門前町として栄え、老舗の和菓子屋さんが多く残るエリアです。

 

祇園の主な和菓子屋さん

・亀屋清永(唐菓子のぶとや清浄歓喜団が有名。創業から400年を超える老舗)
営業時間: 8:30~17:00

・鍵善良房(喫茶でくずきりを)
営業時間: 9:00~18:00(喫茶は9:30~18:00)

・柏屋光貞(東大路通沿い、バスの車内から見えます。干菓子「おおきに」をいただきたい)
営業時間:10:00~18:00

・松壽軒(建仁寺さん御用達。最中、絶品です)
営業時間:10:00~18:00

市内中心部とは?

五条~四条~烏丸御池あたりのエリア。京都のど真ん中、ビジネス街になります。

京都駅からは地下鉄でアクセスできますが、徒歩も可能。とにかく烏丸通をまっすぐ行けばOKです。

このエリアは、朝生菓子の名店、老舗の和菓子屋さんや、喫茶を楽しめる和菓子屋さんなどがあります。

 

市内中心部の主な和菓子屋さん

・今西軒(言わずと知れた、おはぎの名店)
営業時間:9:30~売り切れまで

・京菓子司 末富(京菓子の老舗。凛としたお店の佇まいが素敵)
営業時間:9:00~17:00

・大極殿本舗 六角店(坪庭を眺めながら、琥珀流しを)
営業時間:9:00~19:00(喫茶は10:00~17:00)

 

・亀末廣(お菓子の美味しさと、お店の佇まいに感動します)
営業時間:8:30~18:00

亀末廣さんの限定和菓子「大納言」についてはこちら

あんこ好きなら一度は食べたい!「大納言」を求めて京都・亀末廣さんへ

京都和菓子巡り、こちらもご参考に

【京都和菓子巡り】和菓子ゆかりの地を訪ねる 【京都和菓子巡り】おすすめルートをご紹介①:今出川通りと北大路エリア 【京都和菓子巡り】京都でしか味わえない和菓子の数々 【京都和菓子巡り】京都で味わう、上生菓子の魅力

 

京都の和菓子屋さんの情報はコチラの本を参考にしています


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です