老舗の和菓子屋さんが手掛ける複合施設、おすすめの6カ所をご紹介します

老舗の和菓子屋さんが展開する、様々な複合施設があることをご存知ですか?

昨今、各社独自のテーマを掲げ、施設をオープンさせています。和菓子製造の様子を見学できたり、畑や田んぼがあったり、ワークショップを開催していたりと、内容も興味深いものばかり。

今回は、おすすめの6カ所をご紹介します。今度のお休みに、出かけてみませんか?

西日本エリア

IROHA village(広島・広島市)

広島と言えば、もみじまんじゅう。もみじまんじゅうの老舗、藤い屋さんの複合施設です。私もかつて広島に住んでいたこともあり、帰省のお土産に藤い屋さんのもみじまんじゅうを購入していました。懐かしの味。

オープンは2018年春。比較的新しいですね。

工場併設型で、もみじまんじゅうの製造工程を見ることができます。その他、カフェやパン屋、ハーブガーデンもあります。また畑があり、小豆や小麦を育て、研究開発に利用しているそうです。

IROHA villageは、ちょっとしたお出かけスポットとしてオススメですね。市内から宮島に行く途中にあるので、宮島に行くついでに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

【ホームページ】

https://www.fujiiya.co.jp/iroha.html

【アクセス】

電車なら、JR山陽本線「五日市駅」または広電「五日市駅」下車  徒歩約18分(やや遠い…)

【営業時間】

10:00~18:00

【住所】

広島県広島市佐伯区五日市港2丁目1-1

和久傳の森(京都・京丹後市)

老舗の料亭、和久傳が手掛ける施設。もともと工業団地だった場所に、2007年から植樹をはじめ、2017年に美術館とレストランをオープンしました。美術館の設計は、安藤忠雄さんです。

豊かな森に囲まれ、美術館やレストランはシックなイメージ。もちろんレストランでは、和久傳のお食事がいただけます。写真で見る限りカジュアルな雰囲気で入りやすそうですね。

また、森を利用したワークショップも時折開催されています。内容は原木しいたけの菌打ちなど。興味そそられます、参加してみたいです。

和久傳の森へは、京都市内からは結構時間がかかります。これは和久傳の森を目指して行くしかありませんね。ゆっくりここで1日過ごすくらいのペースで行きたいです。

【ホームページ】

https://mori.wakuden.kyoto/

【アクセス】

電車なら、京都丹後鉄道「久美浜駅」または「峰山駅」下車

駅からはいずれもバスかタクシーで移動

【営業時間】

9:30~17:00(美術館)

10:00~18:00(レストラン)

休館日・定休日:火曜日

【住所】

京都府京丹後市久美浜町谷764 

 

寿長生の郷(滋賀・大津市)

叶匠寿庵が「農工一体」をかかげ、昭和60年頃に造営した複合施設。すないのさとと読みます。

敷地面積は63,000坪。叶匠寿庵の本社、工場、茶室、レストラン、売店、紙すき工房、陶窯などがあります。広大な敷地内には、様々な植物が自生。四季折々の自然楽しめるようになっています。

和菓子作り教室や体験型ワークショップ、展示イベントなどもあり、ぜひとも1日を過ごしたいですね。

大津なら京都からすぐですし、最寄り駅からは送迎のシャトルバスもあるので、アクセスしやすいです。

【ホームページ】

http://www.sunainosato.com

【アクセス】

電車なら、JR琵琶湖線石山駅北口下車(改札出て左)

駅からは無料のシャトルバスがあります。

【営業時間】

10:00 ~ 17:00

定休日:水曜日

【住所】

滋賀県大津市大石龍門4丁目2-1

 

ラコリーナ(滋賀・近江八幡市)

たねやの複合施設です。たねやと言えば、ラコリーナというくらい、最近はすっかり人気施設に。土日はやや混み合います。

施設内には、たねや本社をはじめ、複数のショップ、カフェ、菜園、田んぼなどがあり、ラコリーナを巡るツアーもあります。とにかくたねやの全てがここに注ぎこまれているのではないでしょうか。

これからも、新しい施設ができるとのこと。楽しみですね。

近くにはクラブハリエの日牟禮ビレッジもあります。さらに滋賀県内には、たねやおよびクラブハリエの店舗が複数あり、各店趣向を凝らした店構えになっています。滋賀県内のたねや巡りも面白そうですね。

【ホームページ】

http://taneya.jp/la_collina/

【アクセス】

電車なら、JR琵琶湖線近江八幡駅北口

駅からバスを利用

【営業時間】

9:00~18:00(ショップにより異なる)

年中無休

【住所】

滋賀県近江八幡市北之庄町615-1

東日本エリア

とらや工房(静岡・御殿場市)

とらやの手掛けた施設。富士山のすそ野にあります。

施設内には、和菓子の製造工程が見られる場所や、カフェ、散策路、そして故・岸信介さんの邸宅があります。

とらや工房では、工房オリジナルの和菓子お食事がいただけます。もちろん購入も可能。室内はガラス張りのため、製造の様子をつぶさに観察することができます。なお、定番のとらやの羊羹などは販売されていませんので、ご注意ください。私も何度とらや工房に行ったことか…また行きたいです

【ホームページ】

http://www.toraya-kobo.jp/

【アクセス】

電車なら、JR御殿場線 御殿場駅下車。駅からはタクシーです。

御殿場のアウトレットモールから近いため、高速バスでアウトレットまで行き、そこからタクシー(5分程)で行くこともできます。

【営業時間】

10:00~18:00(10~3月は17:00)

定休日:毎週火曜日

【住所】

静岡県御殿場市東山1022-1

六花の森(北海道・中札内村)

北海道を代表する菓子メーカー、六花亭。六花亭が工場横に併設しました。施設というよりは、庭園がメイン。

六花亭の包装紙に描かれた可愛らしい草花でいっぱいの森を作りたい、という思いから100,000平方メートルの森を造成したそうです。さすが、北海道スケール!

森には北海道を代表する草花が咲き誇り、また美術館や六花亭のカフェが点在しています。

開館は4~10月のみ。雪解けをまって、あるいは秋が深まる前に訪れたいですね。

【ホームページ】

http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

【アクセス】

JR帯広駅から車で約40分、とかち帯広空港から車で約20分

【営業時間】

10:00〜17:00

定休日:毎週火曜日

【住所】

北海道河西郡中札内村常盤西3線 249-6

 

以上、6店のご紹介でした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です