和菓子の動画レッスン

ぜひ挑戦してほしい!本当に美味しい「求肥」の作り方

求肥はもち菓子の一つ。普通のもちに比べて水と砂糖の量が多く、舌触りは滑らか、そして柔らかくとても美味しいのです。

求肥を使って、お正月の花びら餅や、うぐいす餅、亥の子餅、雪平、あるいは大福などを作ります。練り切りの生地も求肥入りです。

求肥の作り方は電子レンジを使うものがよく紹介されていますが、本当に美味しいのは鍋練り。白玉粉でもちを作り、蒸してから、鍋で練るのが一番美味しいのです。

電子レンジでは出来ない美味しさ、ぜひお試しください。

求肥の材料と道具

材料:

・白玉粉:50g
・水(白玉粉用):45g
・上白糖:50g
・湯(上白糖用):55g
・片栗粉:適量

※白玉粉の代わりに、もち粉でもOK。白玉粉ともち粉の違いについては、米の粉についてのページをご覧ください。
和菓子作り、まずは米の粉の種類から

・鍋(底の丸い、ぼうず鍋がおすすめです)
・蒸し器
・木べら
・ボウル
・大きめのバット

求肥の作り方

白玉粉に水を加え、こねる

①ボウルに白玉粉を入れ、水を加え、手でこねます。よく捏ね、耳たぶ程度の柔らかさにします

もちを蒸す(10分/強火)

①蒸し器を沸騰させます

②こねた白玉を4等分にします

③沸騰した蒸し器に濡らした手ぬぐいやさらし布を置き、その上に白玉をのせます

④蒸し器の蓋をして、強火で10分蒸します

シロップを作る/片栗粉をバットに置く

①蒸している間に、シロップを作ります。ボウルに上白糖と湯を入れ、混ぜ、砂糖を溶かしておきます

②大き目のバットに片栗粉を置き、全体に広げておきます

求肥を練る

もちにシロップを3回に分けて加え、火にかけ、練り、求肥を作ります。動画も合わせてご覧ください

①鍋に蒸したもちを入れ、木べらを使い、よく混ぜ合わせます

②もちにシロップ1/3量を加えます。シロップを吸わせるため、弱火にかけます。火にかけている間は、絶えずヘラでもちを動かし、焦げないようにします。

③もちがシロップを吸ったら、火を止めます

④木べらを使い、もちを力強くこねます。もちがぷっくりとした状態になるまで、こねてください

⑤再び、シロップ(残りの半分量)を加えます

⑥もちにシロップを吸わせるため、弱火にかけます。火にかけている間は、絶えずヘラでもちを動かし、焦げないようにします。

⑦もちがシロップを吸ったら、火を止めます

⑧木べらを使い、もちを力強くこねます。もちがぷっくりとした状態になるまで、こねてください

⑨残りのシロップを加え、⑥~⑧をもう一度行います

求肥を片栗粉の上にのせ、カットする

バットの片栗粉の上に求肥をのせます。粗熱が取れたら、片栗粉をまぶし、適当なサイズにカットして完成です。

短冊状に切ると、あんみつ用の求肥に、丸く型抜きするとお正月用の花びら餅になります

花びら餅の作り方はこちらをご参考に

花びら餅の作り方③:求肥と菱餅の作り方・成型

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です