葛まんじゅうの作り方:比較的作りやすい方法をご紹介

葛は独特の柔らかさ/固さがあり、あんを包む際にやや扱いにくいのが特徴。そのためか、葛まんじゅうの作り方にはいくつか方法があります。今回ご紹介するのは一番作りやすい方法。初めての方でも作りやすいレシピになっています。

葛まんじゅうの作り方

材料:4個分

<生地>
・本葛粉:20g
・水  :100g(葛粉の5倍)
・上白糖:20g

<中餡>
・こしあん:80g(20g×4個)

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・茶漉し
・鍋
・蒸し器

葛まんじゅうの作り方

下準備

①蒸し器をあらかじめ沸騰させておきます

②あんを4等分し、丸めておきます

③湯煎のボウルを用意しておきます

生地を作る

ボウルに葛粉を入れ、水を加えて溶かします。茶漉しを使い、鍋に漉し入れます。砂糖も鍋に入れます

加熱する(半返し)

半返しとは、鍋で半分加熱して、残り半分を蒸し器などで加熱することです

①弱~中火にかけながら、加熱します。ヘラで練り混ぜながら、白くのり状になったら火を止めます

②ボウルに葛生地を入れ、湯煎のボウルにのせます
※湯煎にかけることで、生地が冷めて固くならないようにします

成型する

①ラップを器にのせます

②スプーンで生地1個分の半量をのせ、上にあんをのせます。残り半量の生地を上からかけ、ラップで茶巾の形にします

③口の部分を輪ゴムで閉じます
※輪ゴムはややゆるめにしてください。蒸すと膨張します

蒸す(中火/10分)

沸騰した蒸し器に入れ、中火で10分蒸します。白濁していた葛が、透明になります

冷やす

蒸しあがったら、常温で冷まし、輪ゴムを外します

 

葛まんじゅうは常温保管。冷蔵庫で冷やすと葛は白濁し、食感が変わってしまいます。そのため、なるべく当日中にお召し上がりください。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です