これは持っておきたい!和菓子作りに便利な裏ごし器 ラインナップご紹介

和菓子作りに何かと欠かせないのが「裏漉し」。こしあん作りから、黄身あん、栗きんとん、芋ようかん、きんとん作りにおいて「裏漉し」は欠かせません。

裏漉しに必要な道具が、専用の「裏漉し器」。本日は、裏漉し器のおすすめ商品をご紹介します。

和菓子作りのレパートリーを増やすなら、ぜひ裏漉し器は持っておきましょう!

1. 裏漉し器はワンタッチの着脱式が便利

「裏漉し」は裏漉すものによって、網の細かさを変えます(細かさ=メッシュ数※)

例)
・こしあんを作る⇒細かいメッシュ(50~60メッシュ)
・栗や芋を裏漉す⇒標準的なメッシュ(20~30メッシュ)

いくつも揃えるとなると、ただでさえ、ごつい形の裏漉し器。保管場所にも困ります。

そこでおすすめなのが、着脱式の裏漉し器。網が取外し可能なタイプで、本体を一つ購入し、網は用途に応じて揃えておけばOK。これなら、あまり保管スペースもとられませんよ。

※メッシュ数とは、1インチ四方の中にあるメッシュの数です。

2. おすすめの裏漉し網本体 

サイズは、21cm、24cm、27cmなど。ご家庭用なら21cmか24cmがおすすめです。私は24cmを使用しています。ステンレス製で、お手入れが楽です。

※メッシュ数とは、1インチ四方の中にあるメッシュの数です。

3. こしあん作りに必要な網は50~65メッシュタイプ

こしあん作りには、細かい裏漉し網が必要です。50または65メッシュの網を使用します。こしあんは出来るだけ舌触りのよい、なめらかな餡に仕上げるため、細かい網を使って裏漉しします。

4. 栗やさつまいもの裏漉しには、20~30メッシュがおすすめ

栗やさつまいも、やまいも、その他通常の裏漉しには、20~30メッシュの網を使用します。より滑らかにするならば、30メッシュがおすすめです。

裏ごし器を揃えて、和菓子作りを楽しみましょう。道具選びも大切です!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です