和菓子を作るなら持っておきたい、着脱式の裏ごし器

和菓子作りに欠かせないのが「裏漉し」。こしあん作りから、黄身あん、栗きんとん、芋ようかん、きんとん作りにおいて、必ず裏漉します。

裏漉しに必要な道具が「裏漉し器」です。

本日は、和菓子作りにぜひ持っておきたい裏漉し器をご紹介します。和菓子のレパートリーを増やすなら、ぜひ裏漉し器は持っておきましょう!

 

オススメの裏漉し器は、ワンタッチの着脱式

あんこラボでも使用しています。裏漉し器本体に、網を装着して使用する着脱式タイプ。

着脱式のメリットは

1. 裏漉し網を複数揃えやすい

2. 収納しても邪魔にならない

 

和菓子には最低2種類の裏漉し器が必要です。裏漉しするものによって、網のメッシュを変えます。

・こしあんを作る⇒細かいメッシュ(50~65メッシュ*)

・栗や芋を裏漉す⇒標準的なメッシュ(20~30メッシュ*)

 

2種類の裏漉し器を揃えると、保管場所にも困ります。そこでオススメなのが、着脱式なのです。

本体を一つ持っておき、用途に応じて網を買い揃えればOK。

そこでおすすめなのが、着脱式の裏漉し器。本体を一つ購入し、必要な網を買い揃えればOK。

これなら、保管スペースもあまりとられません。

※メッシュ数とは、1インチ四方の中にある目の数のこと。数字が大きい方が網は細かくなります。

 

裏漉し器のサイズ 

裏漉し器にはいくつかサイズがあります。主に直径サイズで21cm/24cm/27cmなど。

教室では、24cmタイプを使用しています。こしあんも500g単位で仕込むこともあり、なるべく大きいサイズで、かつ収納場所に困らないサイズが24cmだったからです。

もしサイズでお悩みならオススメは24cmタイプ。保管場所が困る場合は、21cmをおすすめします。

 

持っておきたい、裏漉し網の種類

◎65メッシュ:こしあん作り

こしあん作りに欠かせないのが、65メッシュタイプ(65が無い場合は、最低50メッシュ)

※メッシュとは、1インチ四方の中にある目の数のこと。数字が大きいほど、目が細かくなります。

こしあんは滑らかで舌触りのよいものにするため、細かい網が必要です。

 

◎20~30メッシュ:栗やさつまいもの裏漉しに使います

栗やさつまいも、山芋などの裏漉しには、20~30メッシュの網が必要です。より滑らかにするなら、30メッシュをおすすめします。

 

購入は専門店かネットで

浅草・合羽橋では複数の店舗で取り扱いがあります。合羽橋まで行かれない、という方はぜひネットで。

◎本体

 

◎こしあんを作る50~65メッシュの網

 

◎栗や芋などを漉す20~30メッシュの網


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です