薯蕷まんじゅうのレシピ/作り方

薯蕷とは「やまのいも」のこと。大和芋やつくね芋を使い、膨らませるおまんじゅうです。蒸し立てはとてもいい香り。作り方のポイントは、おいしい芋を選ぶこと、そしていつもより少し丁寧に作ることです。

調理時間:40分

薯蕷まんじゅうの材料

4個分

<生地>
・大和芋(つくね芋):18g(とろろ状のもの)
・上白糖:30g
・薯蕷粉:20g
・手粉用の薯蕷粉:適量

<中餡>
・こしあん:100g(25g×4個)

※大和芋・つくねいもについて

ヤマノイモ科の芋。色は真白で、粘りの強さが特徴。食べ方はとろろなど。大和芋は関東を中心に、つくね芋は関西が中心となります。

 

なお、ヤマノイモの仲間には長芋や山芋、自然薯などが含まれます。長芋などは水分が多く、薯蕷まんじゅうには向きません。大和芋やつくねいもをお使いください。

 

 


大和芋

薯蕷まんじゅうの作り方

1. 薯蕷まんじゅうの下準備

あんを25gずつ、4つに丸めておきます

2. 大和芋をとろろ状にする

皮をむき、おろし金ですります

すり鉢に入れすりこぎでよくすります。
空気を含んだ「ぷっくり」とした状態になればOKです

   

※フードプロセッサーを使うことも可能です。ただし完全に擦り切れず、塊が残ることもあります。その場合は、すり鉢でよくすり、滑らかにしておきます。

3. 砂糖と薯蕷粉を3回に分けて、加える

上白糖と薯蕷粉を合わせ、3回に分けて芋に加えていきます

加える度に、指先でよくもみこみ、芋と粉を混ぜ合わせます

粉が完全に見えなくなるまで、もみこみます

 

4. あんを包む

バットに手粉用の薯蕷粉を敷き、その上にまんじゅう生地をのせます

粉を全体にまぶし、4分割し、丸めておきます

手のひらにのせ、丸く広げ、餡を包みます。

5. 蒸す(強火で8分)

蒸し器を沸騰させます

まんじゅうを入れ、まんじゅうに軽く霧吹きをかけ、強火で蒸します

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です