あん入り「本わらびまんじゅう」の作り方

春になると和菓子屋さんの店頭に並ぶのが、本わらび粉を使った「本わらび餅」。わらび餅は一年中あるイメージですが、本来は山菜の芽吹く季節のお菓子です。

以前、京都の塩芳軒さんで本わらび餅を購入。ひと口食べると、そのとろけるような食感に思わずため息が漏れました、、、美味しかった

何よりもわらび餅は出来立てが美味しいので、ご自宅でぜひ作ってみてください

本わらび餅の材料

4個分

  • 生地
    • 本わらび粉:18g
    • 水   :90g(粉の5倍量)
    • 上白糖 :27~30g(粉の1.5倍量)
  • 中餡
    • こしあん:100g(25g×4個分)
  • 手粉
    • きなこ :適量
わらび粉と本わらび粉の違い

わらび粉には2種類あります。

・本わらび粉:わらびの根のでんぷんを精製して作られたもの

・わらび粉:他のでんぷんを加えて作ったもの

本わらび粉の方が、色が黒くより滑めらかでトロリとした食感になります。

 

なお、2種類の粉の値段には随分と差があります。手軽に作ってみたい方には「わらび粉」を、柔らかい溶けるような食感のわらび餅がお好きな方は「本わらび粉」をおすすめします。どちらの粉も富澤商店で購入できます。

特撰わらび粉

 

本わらび粉

レシピ動画

本わらび餅の作り方

下準備

1. バットにきなこを置きます

わらび粉液を作る

2. ボウルに本わらび粉を入れ、水を加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせます。粉はやや溶けにくいので、しっかりと混ぜ、粉を溶かしてください

わらび餅を練る

3. わらび粉液を鍋に漉し入れ、砂糖を加え混ぜ合わせます。

4. 弱~中火で加熱し、木べらで練ります。もちが透明になり、ツヤが出るまでしっかりと練ってください

きなこをまぶす

5. バットに敷いたきなこの上に、練ったわらびもちをのせます。そして二つ折りにします

餅がやや冷めるまで、置いておきます

あんを包む

6. あんを4個分丸めておきます

7. わらびもちにきなこをまぶし、もちを4等分にします

8. あんを包みます

包み方のポイント

もちが柔らかく、あんを包みづらいのがわらび餅。あんをのせたらひっくり返し、餅の両側をつまみ、閉じてください。

仕上げ

9. ハケで余分なきなこを払い落とします。
最後にもちの形を整え、きなこをふりかけて完成です

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です