豆花(トウファ)の作り方

人気の中華スイーツ、豆花を作ります

豆花は白玉やタロイモ団子、ハト麦、ゆであずきなどをトッピングし、シロップをかけていただきます。

豆花のツルっとした喉ごしの良さが美味しいですよね。中華では豆乳を凝固させるのに石膏粉や地瓜粉(キャッサバ粉)を使いますが、日本では入手しづらいので、にがりを使います。だから正確には豆花ではなく豆腐です

作り方はとても簡単

今回のレシピでは、トッピングにはつぶあんと生姜やゆずの千切りを使い、シロップは小豆の煮汁を使いました

トッピングはお好みのものを。シロップもかけずにそのまま食べても美味しいです

寒い時は温めて温豆花で、暑い時は冷やして冷豆花がおすすめです

豆花の材料と作り方

材料:1人分

<豆花>
・豆乳:100g(大豆固形分10%以上のもの)
・砂糖:10g
・にがり:1.2g(微量計が無い場合は1g)

豆乳は大豆固形分10%以上のものを使ってください

にがりは大型スーパー(塩コーナー)などで購入できます。今回は天塩さんのにがりを使いました

<トッピング>
・つぶあん:少々
または
・甘納豆:少し

・生姜やゆずの千切りなど

<シロップ>
・小豆のゆで汁:80cc程度
・砂糖:15g

小豆のゆで汁は、渋切り前の濁りの少ない状態で取っておきます

道具

・蒸し器
・耐熱性の器

豆花の作り方

1. 下準備

蒸し器を沸騰させます

2. 豆乳を準備する

冷蔵庫から出したての豆乳を器に100g、計量します

砂糖とにがりを加え、スプーンで静かに混ぜます

器にラップをかけます

あんこラボ
あんこラボ

豆乳は冷え冷えの冷蔵庫から出したを使ってください

3. 蒸す(中火/12分)

沸騰した蒸し器に器を入れ、中火で12分蒸します

あんこラボ
あんこラボ

火加減が強いと豆花に”す”(小さな穴)が入るので、中火~中弱火で蒸します

小豆のゆで汁でシロップを作る場合は、ボウルにゆで汁と砂糖を入れ、電子レンジで温めておきます

4. 盛り付け

豆花が蒸しあがりました。器が大変熱いので、火傷しないように蒸し器から取り出します

温豆花で食べる場合は、そのままトッピングをのせたり、

別容器に温かい豆花、トッピングを入れ、最後に温かいシロップをかけて出来上がり

冷豆花の場合は、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします

冷えてからトッピングをのせ、冷たいシロップをかけてお召し上がりください

豆花は作った当日中にお召し上がりください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。