つぶあん・こしあんの味は、砂糖で決まります

あんのおいしさを決めるものの一つが、砂糖

◎砂糖の種類によって、あんの味は異なります

◎砂糖の量によって、あんの質感が変わります

あん作りにおいて、砂糖はとても重要なのです。

じつは、あん作りに決まった砂糖の種類や量はありません。味や甘さ、質感の好みは人それぞれ。好きな砂糖を、好きな量で入れるのがよいと考えています。

あくまでもご紹介しているレシピは、おすすめの量。一度レシピであんを炊き、好みに応じて砂糖の量は加減してくださいね。ただし、砂糖の量を控えるとパサパサなあんが出来上がります。

 

おすすめの砂糖の種類

最もおすすめの砂糖は上白糖です。最近では白砂糖は体によくない、ということで敬遠されることもあります。しかし日本の家庭で最も普及し、使いやすいのが上白糖。あんを日常的に作るには、砂糖も手軽に入手できる方がいいと思います。また、上白糖だから甘さが強い、ということもありません。

その他、グラニュー糖や白ザラメなどもオススメです。きび砂糖や黒糖などは、砂糖の味があんに出てしまうため、あまりオススメはしておりません。

上白糖とグラニュー糖の違い
どちらも精製して作られた砂糖ですが、上白糖は最後に吸湿性のある転化シロップが加えられ、しっとりとしています。グラニュー糖に比べると溶けやすいのが特徴です。

あんの砂糖のおすすめ量

つぶあんには、小豆の1.2倍量(100gの小豆に対して、砂糖は120g)

ただし、ほっくりとした餡がお好きな方は、小豆と同量。また、ぜんざいは小豆と同量0.8倍量

こしあんは、小豆と同量です。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です