8月お盆の和菓子:干菓子

ご先祖様の霊が里帰りをする、お盆。8月13日がお盆の入り。迎え火を焚いてご先祖様をお迎えしします。地域や宗派によって異なりますが、お墓や仏壇にお花を供え、提灯を吊るしたり、きゅうりやナスで作った馬・牛の飾りをお供えするところも。

そして、お仏壇にお供えするものとしてお菓子も欠かせません。甘いもの好きのご家庭なら、ご先祖様もきっと甘党。ぜひ甘いものを用意してお迎えしましょう。


お盆の和菓子にはどんなものがあるの?

お盆のお供え菓子として、蓮菓子(はすがし)があります。ハスの形をした干菓子。

hasuhana-600
写真出典:京菓匠 甘春堂
http://www.kanshundo.co.jp/okashi/seasons/02-natsu/hasu/

蓮(ハス)はお盆に欠かせない花。ご先祖様の霊は、蓮の花びらを船にしてあの世とこの世を行き来すると言われています。そのため、ご先祖様が無事に来られて、また戻れるよう仏壇に蓮菓子をお供えするのです。なお、干菓子は日持ちがよく、夏の暑い時期でも痛まないこともあり、お供え菓子として選ばれているのでしょう。

ところで干菓子とは、どんなお菓子でしょうか。

干菓子は、和三盆などの砂糖や寒梅粉/みじん粉などの粉を混ぜて作るお菓子。混ぜたものを木型に入れ、打ち出して作ります。そのため「打ち菓子」あるいは「打ちもの」とも呼ばれています。落雁もその一種です。

お盆の時期、干菓子をご先祖様にお供えすると共に、この機会にぜひ食べてみませんか?

今ではいろいろな干菓子が販売されており、形や味もさまざま。今日は干菓子の本場 京都から、おすすめの干菓子3つをご紹介します。伝統的なものとは異なる、現代的でおしゃれなものもありますよ。

 

UCHU wagashi

http://www.uchu-wagashi.jp/

新しい時代の干菓子・落雁を提案するUCHU wagashiさん。これまでにない形や味、フレーバーが特徴。だから、食べてしまうのがもったいなくて・・・できれば飾っておきたいほど。自分用にもよし、プレゼントにもよしな干菓子です。


亀屋良長の宝ぽち袋

http://kameya-yoshinaga.com/?pid=92325278

縁起のいい打出の小槌や米俵、小判などをかたどった干菓子。包装がおしゃれで、モダンな柄の綿のぽち袋に入っています。プレゼントに最適な干菓子。こんなおしゃれなぽち袋入りの干菓子を贈ったら、喜ばれること間違いなし。

亀屋良長さんでは季節限定の干菓子も販売されています。どの季節もおしゃれでかわいい。


本家玉壽軒(ほんけたまじゅけん)の紫野(むらさきの)

http://www.digistyle-kyoto.com/gourmet/hyakumikai/kyogashi/tamajyuken.html
(お店のHPがないので、京都のグルメサイトにリンクしてます)

obon-wagashi5

ひと口サイズの落雁。白、緑色、茶色の3種類。和三盆や寒梅粉で作られた落雁の中に、大徳寺納豆が入っています。甘さの中に、感じる大徳寺納豆のしょっぱさがいいアクセント。ぜひ、自分用に、ご自宅用に。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です