8月 処暑:青ゆずのどらやき

8月、処暑

暑さが少し和らぎ、朝晩が涼しくなるころ。

今の時期、旬を迎えるのが青ゆず。冬におなじみの黄色のゆず。そのゆずが成熟する前の若い緑の頃を青ゆずと言います。

日本料理では、夏の季節感を表現するのに大事な素材。
冬のゆずの香りとは異なり、爽やかな若々しいかんきつの香りがします。

青ゆずを使って和菓子を作ると、いつもの和菓子も夏の和菓子に大変身!

今日はどら焼きを夏バージョンにしてみました。
青ゆずのどら焼き。

どら焼きに挟む餡を、白あんに。そこへすった青ゆずの皮をまぶします。

青ゆずのいい香り~。

和菓子も、日本料理と同様に、素材の良さを存分に活かせるのが嬉しいです。

DSC00242_Fotor DSC00253_Fotor


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です