【初心者向け】和菓子作りを始めたい方におすすめレシピ5選

和菓子の世界へようこそ!

和菓子作りを始めるなら、ぜひこの5選のレシピから作り始めましょう。いきなりあんを作るのはハードルが高いので、あんは市販のものを使い、季節の和菓子を作ります。

和菓子作りは楽しいですよ!和菓子作りを始めると、季節や行事を身近に感じるようになります。洋菓子よりもハードル低いのでは…始めようと思えば、すぐにでも始められます。

さあ、始めましょう。

初めての和菓子作りにおすすめの和菓子レシピ

比較的簡単に作ることのできるレシピをまとめました。春・夏・秋・冬でおすすめの和菓子をピックアップしています。

どれもお店と変わらない美味しい和菓子が出来上がりますよ。材料はスーパーや製菓材料店(富澤商店など)で購入できます。

桜もち(焼き皮タイプ)

季節:春
カテゴリー:もち菓子
材料の入手のしやすさ:★★★
初心者向き:★★★

春の定番和菓子、関東の焼き皮タイプの桜餅です。材料は薄力粉、白玉粉、砂糖、水、あん、桜の葉の塩漬けでOK。桜の葉以外はスーパーで購入できます。

調理道具は、フライパンまたはホットプレートを使います。1枚ずつ丁寧に焼き上げれば、とても美味しい桜餅が出来上がります。

桜もちの詳しい作り方は「桜もちの作り方(関東の焼き皮タイプ)」をご覧ください。

焼き皮の関東風「桜餅」の作り方

桜もち(道明寺タイプ)

季節:春
カテゴリー:もち菓子
材料の入手のしやすさ:★★
初心者向き:★★★

西の桜もち、道明寺桜餅です。材料は道明寺粉、砂糖、あん、水、桜の葉の塩漬け。

道明寺粉は製菓材料店で入手できます。道明寺は使いやすい和菓子材料の一つ。計量さえ間違えなければ、ほぼ失敗することはありません。しかも、お店とほぼ変わらない美味しいものが出来上がります。

日持ちもやや長く、作ってから3日はOK(大福などは1~2日で固くなります)

調理道具は、鍋と蒸し器を使います。

桜もちの詳しい作り方は「桜もちの作り方(道明寺タイプ)」をご覧ください。

【桜餅レシピ】道明寺粉で作る関西風「桜餅」の作り方

大福

季節:通年
カテゴリー:もち菓子
材料の入手のしやすさ:★★★
初心者向き:★★

和菓子の定番、大福。材料は白玉粉、砂糖、水、あん、片栗粉。

大福は和菓子の中でも永遠のアイドルと言いましょうか、和菓子作りでは外せない一品です。作り方は難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。

調理道具は、蒸し器を使います。

大福の詳しい作り方は「大福の作り方」をご覧ください。レシピ動画もありますよ。

【大福レシピ】基本の大福の作り方

水ようかん

水ようかん

季節:夏
カテゴリー:流し菓子
材料の入手のしやすさ:★★
初心者向き:★

夏の和菓子の定番、水ようかん。材料は寒天、砂糖、水、こしあんです。寒天は出来れば、粉寒天ではなく糸寒天を使いたいところ。糸寒天は製菓材料店で購入できます。

やや作り方は難しいですが、挑戦する価値あり!美味しい水ようかんが出来ますよ。

調理道具は、鍋を使います。

水ようかんの詳しい作り方は「水ようかんの基本の作り方/レシピ」をご覧ください。レシピ動画もあります。

糸寒天で作る「水ようかん」の作り方

芋ようかん

季節:秋
カテゴリー:芋菓子
材料の入手のしやすさ:★★★
初心者向き:★★★

秋の和菓子の定番、芋ようかんです。材料はさつまいもと砂糖のみ。さつまいもの甘さを活かして作るレシピです。材料の入手のしやすさでは、芋ようかんが一番ですね。作り方もとても簡単です。

調理道具は、蒸し器を使います。さつまいもは蒸し器で蒸すと、とても甘くておいしくなりますよ。

芋ようかんの詳しい作り方は「芋ようかん(しっとりタイプ)のレシピ/作り方」をご覧ください。レシピ動画もあります。

芋ようかん(しっとりタイプ)のレシピ/作り方

ぜんざい

季節:冬
カテゴリー:ぜんざい
材料の入手のしやすさ:★★★
初心者向き:★

和菓子の定番、ぜんざいです。材料は小豆、砂糖、水のみ。小豆をゆっくりとコトコト炊いて、ぜんざいを作ります。

ぜんざいの作り方は、あん作りよりも簡単。小豆の煮方に慣れるためにも、ぜんざい作りはオススメです。

調理道具は、鍋を使います。

ぜんざいの詳しい作り方は「ぜんざい(関西)の作り方」をご覧ください。レシピ動画もあります。

1時間で出来る「関西風のぜんざい」の作り方

 

とにかく、まずは始めて見ること。和菓子作りは楽しいですよ!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です