ポルトガルに行ったら、ポルトガルスイーツを楽しもう!

ポルトガルはスイーツ天国です。リスボンの街中には至るところにお菓子屋さんがあります。

どこのお店も同じようなお菓子が売られていましたが、きっとリスボンの人たちは定番が好きなのかな、と。そして自分のお気に入りのお菓子屋さんがあるのだと思います。

たいていのお店にはカフェスペースがありますので、ぜひその場でお菓子とコーヒーを味わいたいですね。

今回はポルトガルを訪れたらぜひ食べたいスイーツを写真と共にご紹介します。

ポルトガルで味わいたい、オススメのポルトガルスイーツ

ポルトガルスイーツにはどんなものがあるの?

実際にポルトガルを訪れて現地で食べたスイーツの写真を並べました。

黄色いスイーツが多いですよね。ポルトガルは卵黄を使ったスイーツが多いのが特徴。そもそもポルトガルのお菓子は、修道院で余った卵黄の再活用から始まった物が多く、伝統的に卵黄がよく使われています。

種類は焼き菓子が圧倒的に多く、その他揚げ菓子なども。また街中にはパン屋も多く、クロワッサンなども美味でした。

 

中でもおすすめは、クロワッサンとボーラ・デ・ベルリン(Bola de Berlin)

お菓子ではなく、すみませんパンですが。

パン屋とカフェで食べたクロワッサンとポーラ・デ・ベルリンが絶品。ポルトガルはパンのレベルが高い!フランスとは異なる美味しさがありました。

クロワッサンはブリオッシュタイプ。しっとりとして甘さ控えめ。朝食時のカフェを覗くと、クロワッサンにハムとチーズを挟んで食べている光景をよく見かけました。

ポーラ・デ・ベルリンは、カスタードクリーム入りの揚げドーナツ。カスタードが甘すぎず、ドーナツもふわふわとした軽めな生地。どちらも街中のパン屋さんなら、どこでも置いてあります。

カフェでの注文方法

カフェでいただく時は、スイーツとコーヒーを頼むのがおすすめ。

比較的、ショーケースの前で注文するスタイルが多かったですね。その場合の注文方法は、好きなお菓子を指さし「et cafe americano(アメリカンタイプのコーヒーも)」とお願いすれば大丈夫。ちなみにポルトガルのコーヒーは濃いエスプレッソが定番。本当に濃いので、アメリカンタイプがおすすめです。

(ポルトガル語ではアメリカンタイプのコーヒーをAbatanado アバタナードと呼びます)

【ちょっとここでポルトガル語】

こんにちは:Ola(オラ)
ありがとう:Obrigado/Obrigada(女性はオブリガーダを使います)
さようなら:Adeus(アデウス)
1:um(ウム)
2:dois(ドイス)
3:tres(トレス)
4:quatro(クアトロ)

 

カフェで注文する時、道を尋ねる時など「旅の指さし会話帳」があると便利。ポルトガルもややご年配の方は英語が通じないこともありました。指さし会話帳のKindle版を見ながら、単語羅列すると何となく会話が成立しました。

旅の指さし会話帳 ポルトガル

ポルトガルのおすすめ記事

日本からポルトガルへの行き方

ポルトガルへの行き方を紹介してます。アブダビ・ローマ経由

ポルトガル・リスボン/一人旅におすすめの宿泊先エリア

ポルトガル・リスボンのおすすめ滞在エリア

ポルトガル・リスボン一人旅。現地ツアーでグルメ体験がおススメ

ポルトガルに行くならグルメでしょ。現地ツアーに参加してみました

ポルトガルに行ったらぜひ食べたい!ポルトガルの定番スイーツをご紹介します

ポルトガルと言えば、やっぱりスイーツ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です