生姜糖の作り方

昔々、もう20年ほど前のこと。デパ地下で見つけた島根・來間屋さんの生姜糖、初めて食べた時の感動は今でも覚えています。

口の中に入れるとスーッと溶け、そしてかすかに残る生姜の優しい刺激。「世の中にこんなにも美味しい砂糖菓子があるのね」と、一時期は生姜糖ばかり食べていました。生姜好きの方なら、その美味しさに絶対にハマりますよ。必ず一度は食べてみて欲しいです!

生姜糖の作り方は、砂糖に生姜と水を加え、煮詰め、結晶化させて作ります。あっという間に出来てしまうのがいいところ。

似たような砂糖菓子に「琥珀糖」がありますが、全く別物。琥珀糖は寒天で固め、カットし、乾燥・結晶化させたものになります。

生姜糖の材料と道具

材料

・グラニュー糖:90g
・水:45g
・生姜:20g程度

道具

・鍋
・ゴムベラ(耐熱性のもの)または木べら
・茶漉し
・玉子豆腐器(小)
・クッキングシート
・あれば、温度計(200℃まで計測できるタイプ)

生姜糖の作り方

1. 下準備

バットまたは型にクッキングシートを入れておきます。

2. 生姜を絞る

生姜を20g程度用意し、皮をむきます。おろし金ですりおろしたものを絞り、茶漉しで漉します。漉したものを9g分用意します。
※生姜の筋が入ると食感が悪いため、必ず漉してください

3. 結晶を作る

型を鍋の横に置きます。
鍋に砂糖と水を入れ、中火にかけ、沸騰させます。沸騰したら、生姜汁を加えます
※生姜を沸騰してから加えるのは、なるべく生姜の香りを残すためです

温度計を入れ、107~108℃になるまで温めます温度に達したら、火を止めてください。

※温度計の無い方は、泡の状態で判断します。泡のサイズがやや大きくなり、粘りが出てきたら約107~108℃です

ヘラで手早く混ぜます。砂糖が白濁したら、すぐにバットや型に流します。タイミングが遅れると、鍋の中で砂糖が固まりますので、ご注意ください。

4. 固まったら、ひと口サイズに割る

砂糖がしっかりと固まったら、食べやすいサイズに、手で割るもしくはナイフでカットして完成です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。