桃山の作り方

桃山は生地に白あんを入れ、オーブンで焼く和菓子。しっとりとして、優しい甘さ。作ってから3日ほど美味しく食べられます。

とっても美味しい桃山ですが、和菓子屋さんの店頭に常時並んでおらず、、、ぜひ手作りしていただきたい和菓子の一つです。

桃山の材料と道具

材料:4個分

<生地>
・白あん:90g
・卵黄 :9g(あんの10%)
・寒梅粉:2g

<中餡>
・あん:60g(15g×4個)

<仕上げ用>
・みりん:適量

道具

・ボウル
・ゴムベラ
・鍋
・オーブン

桃山の作り方

黄身あんを作る

① 白あんに卵黄を加え、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせます

黄身あんを火取る(=水分を飛ばす)

①鍋に黄身あんを入れます

②弱火にかけながら、水分を飛ばします。あんは鍋底から固まってくるため、ゴムベラでよく混ぜながら、水分を飛ばします

③指で触って、生地がつかない固さで火を止めます

生地を作る

①ボウルに火取った黄身あんを入れます

②ゴムベラでよく混ぜ、生地を滑らかにします
※卵黄のダマが残ってしまった場合は、ザルで漉すと滑らかになります

③寒梅粉を加え、さっくりと混ぜます。
※しっかりと混ぜるというよりは、粉が見えなくなる程度で混ぜればOKです

生地を休ませる(15~30分)

乾燥しないよう、ボウルにラップをかけ、休ませる

生地を練る

①ヘラでしっかりと生地を練りこみ、滑らかにします

②生地を4等分し、丸めます

あんを包む

①生地であんを包み、綴じ目を下にしてクッキングシートの上に置きます

③オーブン用の天板に並べ、生地の上部にみりんをハケで塗ります

オーブンで焼く

①220℃で予熱したオーブンに入れ、7分焼きます

②焼きあがった桃山は柔らかいので、冷ましてから網の上にのせます

 

桃山は半日経つと、生地がしっとりします。ぜひしっとりしてから、お召し上がりください。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です