よもぎ餅(草餅)のレシピ/作り方

春に食べたいよもぎ餅。手作りのよもぎ餅は、柔らかくてモチモチして、とっても美味しいですよ。

昔は野原でよもぎを摘み、餅を作っていましたが、今はそういう訳にも…でもご安心ください。乾燥よもぎやよもぎパウダーがあるので、いつでも作れます。

調理時間:1時間


よもぎ餅の材料(4個分)

<生地>

  • 上新粉:45g
  • 上新粉用の熱湯:40cc/g
  • 白玉粉:15g
  • 白玉粉用の水:13cc/g
  • 上白糖:12g(粉の20%)
  • よもぎ(戻したもの):8g
  • きなこ

【ポイント】
※よもぎ餅やお団子は、上新粉と白玉粉を混ぜて使います。よもぎ餅は、上新粉を3、白玉粉を1の割合がオススメです。

<中餡>

  • つぶあん:80g(20g×4個)
  • 手水

 


よもぎ餅の作り方/レシピ

1. よもぎを準備する

よもぎは、生のよもぎ、乾燥、パウダーの3種類があります。生のよもぎは春の一時期のみ入手できます。乾燥とパウダーは一年中、製菓材料店や専門店で購入可能です。

「生よもぎ」の良さはフレッシュさと香りの強さ。「乾燥」の良さはおいしさ。「パウダー」の良さは手軽さです。

一番のおすすめは乾燥よもぎ。お鍋に水と共に入れ、沸騰したら5分ほどゆで、戻します。柔らかくなったよもぎを適当なサイズにカットし、使います。

 

 
乾燥よもぎ、よもぎパウダーは、富澤商店でも購入できます。私もいつも使用しています。

1. よもぎのおいしさを求めるなら、乾燥タイプがおすすめ:乾燥よもぎ(青森県産)

2. 手軽さを求めるなら、パウダーがおすすめ(湯で溶かすだけ):よもぎパウダー(青森県産)

 

2. 生地を作る

・上新粉と白玉粉をそれぞれボウルに入れる
(上新粉、白玉粉はそれぞれ湯/水を加えて、こねます)

・上新粉には熱湯を3回に分けて加え、その都度よくこねる
(火傷に注意!熱湯に直に手で触れないようご注意ください)

・白玉粉には水を加え、よくこねる

・上新粉、白玉粉をこねたものを合わせ、混ぜこねる

 

・生地を4分割し、平たい小判型にする
(生地を小さくして蒸すと、早く蒸し上がります)

 

3. 蒸す

・蒸し器を沸騰させる

・蒸し器にさらし布をのせ、その上に生地をのせ、布で蓋をする

・沸騰した蒸し器で、15~20分蒸す(強火)

 

 

4. こねる

・蒸し上がった餅をボウルに入れる

・手水を用意する

・ヘラやすりこぎを使い、こねる。粗熱が取れたら、手でさらにこねる
(餅は非常につきやすいため、手水を使います。手を適度に濡らしておきます)

・餅が熱いうちに上白糖を加え、さらにこねる

・ひとまとまりになったら、よもぎを加え、再びよくこねる

4. あんを包む

・あんを20gに4つ分、丸める

・餅を4つに分割する

・餅を丸め、手のひらで広げる

・餅の上にあんをのせ、包む

・包み終わったら、餅の底にきなこをつける
    

 

あんを包まず、お団子にもできます


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です