分とく山の野崎さんの和食レシピが好きなので、おすすめ本をまとめました

和菓子と和食は切っても切れない関係です。

和菓子の作り方だけを学んでいては、和菓子作りは成長・発展しない、と思っています。

 

『和菓子作りを追究するならば、日本料理のことも学ぶ』そう考え、日々和食のレシピも研究してます。

いろいろな和食のレシピ本を読んでいますが、特に勉強になるのが、分とく山の野崎洋光(のざきひろみつ)さんの本。

読んでも面白い、作っても分かりやすい、和食ならぜーったいおススメ!中でも絶対に持っておきたい4冊をご紹介します。

料理の常識を覆す、目からウロコの1冊『料理学』

ごはんの炊き方、煮物の作り方、野菜の煮方、魚の下ごしらえなど、これまでの常識だと思っていたやり方は、野崎さんに言わせれば「常識・慣習にとらわれなくてよい」。家庭料理だからこそのやり方があるとのこと。和食作りについて、目からウロコの一冊でした。

出汁の基本が分かる。いろいろな料理に応用が利く1冊『美味しい方程式』

汁物、煮物、つゆの作り方、その都度レシピ本を見ていませんか?
出汁の比率が分かれば、毎回レシピをチェックする必要はありません!出汁の基本比率をこの一冊から学びました。

普段の夕飯づくりに役立つレシピ本『和食の設計図』

一汁三菜のレシピを、春・夏・秋・冬に分けて紹介しています。

和食のレシピ本ならこちら。300レシピも載ってます『和食宝典』

野崎さんをはじめ、和食の達人のレシピ本。300もの和食のレシピがのっています。全部作ってみたい、無理だけど。
本棚に一冊おいておきたい和食のレシピ本です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です