ぼうず鍋ーつぶあん・こしあん・白あん作りに、ぜひおすすめしたいお鍋

あんを炊くのにいつも使っています。ぼうず鍋(ボーズ鍋や丸底鍋とも)

豆をゆでるのも、あんを練るのも、このお鍋1つです。

底が丸いことで、イロイロとメリットがあります。ぼうず鍋を使うと平底の雪平鍋には戻れない。あん作り以外にも、もち練りにも活躍してます。

あん作りを極めたい方は、ぜひ1台持っておくことをおすすめします。

なお、IHでは使用できません。


ぼうす鍋のいいところ

底が丸いから、煮えムラが少ない

鍋の底が平らだと、豆の煮上がりにムラが出やすいもの。火が鍋底だけに当たるので、対流が起こりづらいのです。

その点、ぼうず鍋は丸底のため対流が起こりやすく、均一にムラなく煮ることができます。

底が丸いから、焦げにくい

あんを練る際、平底鍋はヘラが届かないところがあり、焦げやすくなります。

一方の丸底なら、ヘラが全体に当たり、まず焦げることはありません。

そのほか、卵黄と白あんを合わせる「黄身あん」作りにも使います。

鍋のサイズが豊富

直径が15cm~30cm近いものまで、サイズが豊富です。あんを炊く量や収納スペースに合わせて購入できます。

おすすめは18cmサイズ。ただし小豆を多く炊きたい方は、21cmや24cmがおすすめです。

【目安】ぼうず鍋サイズとあんの出来上がり

 

18cm:あんを一度に600gまで作れます

 

21cm:あんを一度に800gまで作れます

素材は、アルミ製と銅製の2種類。アルミがおすすめ。値段が手頃で、何よりも軽量。

購入は専門店で

調理道具の専門店で購入できます。買うなら、浅草・合羽橋の道具街がおすすめ。鍋のお手入れ方法のアドバイスや、鍋の取っ手も装着してくれます。

※鍋の柄の部分は、最初から装着されていませんので、ご注意ください。

合羽橋に行けない、という方はネットでも購入できますよ(柄の装着を希望される方は、お店にご確認ください)

直径18cmのぼうず鍋

直径21cmのぼうず鍋
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です