つぶあん・こしあん・白あん作り、お鍋はコレを使っています

あん作りにおすすめのお鍋が、「ぼうず鍋」。

豆をゆでるのも、あんを練るのも、このお鍋1つで行っています。

丸底で加熱時の火周りがよく、餡を練るのが楽。ヘラを動かしやすいので、まんべんなく練ることができます。

だから、ぼうず鍋を使うと、平底の雪平鍋には戻れない。。。

ちなみに、あん以外にも、もちを練る時にも使っています。

 

あんを定期的に作りたい!という方は、ぼうず鍋が1つあるといいですよ。オススメ。

ぼうず鍋のサイズ

サイズは、直径18cm、21cm、24cmなど。

一番使いやすいのは18cmサイズ。餡を多めに炊く方は21cmサイズがおすすめです。

 

ぼうず鍋各サイズで炊ける、小豆の目安量

18cm:小豆を100~200g、炊くことができます

21cm:小豆を300~500g、炊くことができます

ぼうず鍋の素材

素材は、アルミ製と銅製の2種類。

アルミ製は軽くて、お手ごろの値段で購入できます。銅製は値段が高いのですが、熱効率は最高。お手入れはやや大変です。

最初の1台は、アルミ製をおすすめします。

ぼうず鍋の購入は

ぼうず鍋は、専門店で購入できます。東京なら浅草・かっぱ橋がおすすめ。通販でも購入可です。

なお、鍋と木の取っ手は、別々です。自分で取っ手の取り付けが面倒な方は、購入の際に必ずお店に取付け可能かを確認した方がいいです。

ちなみに、取付けは慣れていないと結構大変です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です