日本からポルトガルへの行き方

以前から気になる存在のポルトガル。調べると、食事も美味しいし、治安も比較的よく、何よりもお菓子天国。「これは実際に行ってみなければ!」と、ポルトガル・リスボン行きを計画しました。

和菓子好きの方なら、ポルトガルに興味深々なはず。だって、カステラや金平糖はポルトガルから来たものですから。

今回は、これからポルトガルを訪れてみたい!という方に、日本からポルトガルへのおすすめの行き方をご紹介します。

日本からポルトガルは、経由便で

日本からポルトガルへ行くには、ヨーロッパ各都市や中東経由となります。直行便はありません。

例えば、

  • ルフトハンザでドイツ・フランクフルト経由のポルトガル航空でリスボン
  • KLMでオランダ経由のポルトガル航空でリスボン
  • エミレーツでドバイ経由のリスボン

ヨーロッパ各都市からポルトガルへは、TAPポルトガル航空(スターアライアンス)が就航しています。

フランクフルト、ミュンヘン、アムステルダム、ロンドン、パリ、ブリュッセル、ローマ、ボローニャ、ジュネーブ、マドリード、バルセロナ、オスロ、ストックホルムなど。

ANAマイレージ保有の方なら、フランクフルト、ミュンヘン、ブリュッセルを経由し、ポルトガルへ行くのが便利なようです。

どんなルートがあるのか、調べるなら『スカイスキャナー』がおすすめ。出発地、目的地、日程を入力すると、各航空会社のチケットが一覧に表示されます。かなり便利。

TAPのフライトルートMAP (画像引用元:Airline Route Maps)

今回は、2つの都市を経由しました

今回は、アブダビとローマを経由しました。

成田⇒アブダビ⇒ローマはエティハド航空で。

ローマで3日間滞在し、ローマ⇒リスボンはLCCのライアンエアーを選びました。

ちなみに復路は、リスボン⇒ボローニャ間をポルトガル航空(TAP)で移動。ボローニャ⇒ミラノは列車移動で、ミラノ⇒アブダビ⇒成田で帰国しました。

ポルトガル航空は快適で、オススメです。

日本からヨーロッパへはエティハド航空がオススメ

エティハド航空は、アブダビを拠点とするUAE(アラブ首長国連邦)の国営航空会社。日本では同じ中東系のエミレーツ航空の方が知名度高く、エティハドはややマイナー感あります。

しかし、エティハドはアリタリア航空の大株主だからか、ローマやミラノへの乗り継ぎが断然スムーズでした。乗り継ぎ時間も行きが2時間、帰りが3時間でしたよ。

そして何よりの魅力は、航空券の値段。

5月の日本・ローマ&ミラノ往復が、なんと65,000円!(2017年3月時点)

時期によってはかなり安いチケットもあります。日系・欧州系キャリアが倍近い値段の中、この値段は何とも魅力的。

フライト時間は合計17時間。ややロングですが、エコノミークラスでも足元スペースは充分な広さ、機内食もまあまあ、そして客室乗務員の方のサービスもよく、この値段でこの快適さは驚きです。

航空券は『フリーバード』で購入しました。予約からEチケット発券までがスムーズ。エアラインによっては事前座席指定も可能なのが魅力です。

エティハド航空は事前指定できませんが、48時間前からのオンラインチェックインが出来ます。

フリーバード・海外航空券オンライン予約

ローマからリスボンは、LCCのライアンエアーを使いました

ローマからリスボンへの移動は、LCCのライアンエアーです。

ライアンエアーと言えば、徹底したコスト削減による値段の安さで知られています。一方で、座席はかなり狭く、機内持ち込み荷物の厳しい制限、容赦ない罰金、空港が郊外で不便など、旅行者の評判はイマイチ。

今回利用し、3時間以内のフライトなら我慢できる、ということが分かりました。

座席は確かに狭く、機内も話し声が騒がしく、頭上の手荷物スペースの奪い合いなどもありましたが、3時間なら我慢できますよ。

ただし、チケット選びは慎重に。ついつい安い価格を選ぶと、あとで痛い目になんてこともあります。

ライアンエアーのチケットは3種類(Regular、Leisure Plus、Business Plus)

・Regularはフライトのみで預入荷物は別途料金

・LeisureとBusinessはフライトと預入荷物(20kgまで)料金が込み

おすすめは、Leisure plusです。Regularよりお値段やや高めですが、他のキャリアと比べれば安いもの。

欧州内のLCC移動に不慣れで勝手がよく分からない場合は、少し値段高めのクラスを選ぶのが得策。スーツケースの預け入れも必須です。

空港に関して。ローマの場合、ライアンエアーはチャンピーノ空港です。ローマ市内から空港への移動は、テルミニ駅からのバス、またはタクシーとなります。

タクシーを利用しました。料金は市内から一律30ユーロ。所要時間は、日中の渋滞に巻き込まれ、約1時間20分ほど。チャンピーノ空港は小さいけれど、きれいで、カフェスペースもありました。

ローマ市内の渋滞

リスボン空港から市内へのアクセス

空港からリスボン市内へは、バスまたは地下鉄での移動となります。宿泊場所によって、バスor地下鉄それぞれが便利です。最初の宿泊先がリスボンの繁華街 シアード(Chiado)地区だったため、Aeroport駅から地下鉄レッドラインに乗り、Alameda駅でグリーンラインに乗り換え、Baixa-Chiado駅まで移動しました。

リスボンの街並み

夜9時の移動でしたが、危ないところもなく、リスボンは比較的治安がよいと思いました。

リスボンの宿泊先選びなら、こちらの記事がおすすめ。

宿泊するならここ!滞在したからこそ分かった、一人旅におすすめのエリア

まとめ

日本からリスボンへは、アブダビとローマを経由して、約4日間かけて到着しました。ローマに滞在していなければ、1日で着きます。

とは言え日本からは遠いポルトガル。一番早いのは、ヨーロッパ一都市経由のフライトでリスボンに入る方法。

しかしヨーロッパにはLCCはじめフライトの選択肢がたくさんありますから、どこかの都市で数日滞在してから、リスボンに入るのも楽しいですよ。

ポルトガル・リスボン旅行に必須のアイテムを2つ

一つ目は、WiFiのモバイルルーター。とにかくリスボンは道が入り組み、Google Mapがなければ、迷います。

リスボン歩きには、WiFiを携帯しましょう!1~2週間の旅行なら、SIMを購入するのも面倒ですし、手持ちのスマホでWiFiにつなげるのが便利です。

WiFiでお勧めなのが、空港レンタルのWiFi。やや高めの料金ですが、事前予約すれば、空港でカウンターチェックインの前後で受け取れますし、返却もそのまま空港で完了です。

WiFiの中でもおすすめなのが、GLOBAL WiFiです。GLOBAL WiFiはヨーロッパ各地で利用できるので、欧州数か国を移動する場合も便利です。今回もイタリア⇒ポルトガルと移動したため、GLOBAL WiFiを利用しました。速度は3Gで充分。高速・大容量を見る場合は、宿泊先のWiFiを利用できますので。

海外インターネット
GLOBAL WiFi

ニつ目は地球の歩き方のガイドブック。定番でしょ、と言われても、やはりあの情報量と地図の正確性は本当に役に立ちます。

現地で入手した地図は、かなりアバウト。道が省略されていたり、距離感がつかめないこともしばしば。

でも地球の歩き方の地図は、小さな路地まで描かれているので、ほんと助かります。初めて訪れる国なら、携帯は必須です。今回のリスボンでも大活躍の一冊となりました。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です