さつまいも餡のレシピ/作り方

さつまいもの甘さを存分に活かす、砂糖少な目のレシピえす。おいしさの秘訣は「さつまいもの蒸し方」。どら焼きにのせてもよし、栗の甘露煮を入れてお正月の栗きんとんにもどうぞ。

調理時間:1時間

さつまいも餡の材料

さつまいも1本

砂糖:さつまいも(裏漉し後)の量の20%

<さつまいも選びについて>
さつまいもは種類により、餡の味が変わります。しっとり滑らか餡がお好みなら「シルクスイート」を、ほっくりとした甘さがお好みなら「金時系」や「紅あづま」がおすすめです。

左が鳴門金時、右がシルクスイート

シルクスイートの蒸し上がりはしっとりすべすべ

さつまいも餡の作り方

1. さつまいもを蒸す(30分)

沸騰した蒸し器にさつまいもを入れ、弱火で蒸します。蒸し時間は約30分。竹串を刺し、スーッと通る柔らかさになったらOKです

<ポイント>
さつまいもを蒸す時、火加減は弱火です。弱火でゆっくりと加熱すると、でんぷんの甘さが引き出され、少量の砂糖でも十分な甘さのさつまいも餡が出来上がります。

2. 裏漉しする

さつまいもの皮をむき、漉し網を使って、裏漉しをします。

3. 砂糖を用意する

裏漉ししたさつまいもの分量を計り、その20%の砂糖を用意します。

4. さつまいも餡を仕立てる

鍋にさつまいも、砂糖を入れ、弱火にかけます。沸騰し、ぽってりとしたら火を止め、バットにあけ冷まします。

<ご参考>
レモン汁を入れると加熱時の退色を防ぐことができます。レモンの酸味がすっきりとした餡に仕上げてくれます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です