赤飯(炊飯器で作る)のレシピ/作り方

 

お祝いに欠かせないお赤飯。赤飯の色は食卓の彩りをよくし、何よりも見ているだけで嬉しい気分になります。昔はどこの和菓子屋さんでも売っていましたが、その数も減りましたね。炊飯器を使うととても簡単に出来るので、ぜひ自宅で炊いてみませんか?

 

炊飯器で炊く赤飯の材料(2合分)

もち米 :1.5合(225g)

うるち米:0.5合(75g)

ゆで汁+水  :330cc(=米の1.1倍量)

ささげ又は小豆:200g

※もち米・うるち米ともに、1合は約150gです

赤飯の作り方

1. ササゲまたは小豆をゆでる

・ 豆を軽く洗い、鍋に入れ、たっぷりの水を入れ中火にかけます

・沸騰したら差し水をします(カップ1程度)

・再び沸騰したら火を弱火にします。途中でゆで汁が少なくなったら、水を少量ずつ加えます

30~40分後、豆にやや固さが残るところで火を止め、ゆで汁と豆に分けます。豆はざるにあけ、水切りしておきます

ゆで汁は、炊飯に使うため、取っておきます

※赤飯の色が赤いのは、お米をササゲ小豆のゆで汁(=赤水)で炊くためです

ササゲ豆をゆでる ササゲ豆をゆでる sasage2

ササゲと小豆の違いは?

 

共にマメ科ササゲ属の仲間です。見た目は若干異なります。

 

ササゲはゆでても豆が割れにくいため、赤飯にはよく使われています。一方、小豆はゆでると皮が破れ割れやすく、お祝いの席では「腹が割れる」と縁起が悪いとされています。

 

普段の食卓なら、小豆で十分。豆の腹割れも気になりませんし、値段が手ごろで入手しやすいからです。味にさほど違いはありません。

 

 sasage4

2. 米を浸水させる

・もち米とうるち米を洗い、ざるにあけて、5分程水切りします

・豆のゆで汁の量を量り、330ccに足りない場合は水を加えておきます

・炊飯器に入れ、30分程浸水させます。

【ポイント】

もち米の水の量は、うるち米よりもやや少なめです

また、水は計量して入れます。もち米は水加減が難しいため、釜の目盛りで計るよりも、計量する方が安心です。

 

水の量は、米の1.1倍量です(うるち米は、米の1.2倍量)

3. 炊飯器にセットする

・浸水した米に、水切りした豆を加え、炊飯します

・炊き上がったら、全体を底から丁寧に混ぜ合わせます

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です