桜あんのレシピ/作り方

桜あん(さくら餡)の作り方をご紹介します。白あんに、桜の花や桜葉の塩漬けを入れ、ピンク色に染めて作ります。ポイントは、桜の花や葉の塩漬けの塩抜きをきちんと行うこと。また、桜の花を使用する場合は、額などを丁寧に取り除きます。

今回のレシピでは、桜の花の塩漬けを使用しています。葉よりも花の方が、あんの色がきれいに仕上がりますよ。

桜餡は、お団子にのせてみたり、大福のあんとして、あるいはどら焼きにいれてもいいですね。桜のいい香りとほんのり効いた塩味がいい感じ~。春限定の手作り桜あん。桜が散る前に、ぜひお試しください。

調理時間:15分


桜あんの材料

  • 白あん:200g(あんこはお好きな量でどうぞ)
  • 桜の花の塩漬け:20g(塩抜き前の額のついた状態で)
    ※白あんの10%量が目安です
  • 紅色素:微量

桜あんのレシピ/作り方

1. 桜の花の塩漬けを塩抜きする
ボウルにざるをのせ、水と桜の花の塩漬けを入れて、10分程置きます。

2. 額を取り除く
水気を絞り、額やおしべやめしべ、固い部分などを丁寧に取り除きます

3. 花びらをみじん切りにする
花びらを細かくみじん切りにします

4. 白あんと花びらを混ぜる
白あんに花びらのみじん切りを加えて、よく混ぜます

5. 紅色素を水で溶き、加える
紅色素の粉を微量の水で溶き、あんに2~3滴加えてよく混ぜ、ピンク色に染めます。※色素は入れ過ぎないように!濃いピンク色のあんに仕上がってしまいます。

 

桜の花の塩漬けは、富澤商店で購入できます

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です